2022年8月25日木曜日

本日のニュースオチ


お金があるのに見切りのお寿司買う?寝言は死んでから言え。



双子がするなら玄関はやめとけ。








昔SONYタイマーとはよくいったものだけど、信用第一の京都企業でちょっと信じられんな、これは。
ここの社員、文理問わず母校の出身者多いんだけど。学生時代の自宅生のダチの親父さんが社員だった。なんだかなぁ。













自分がつくって育てた政党を放り投げて逃げ出すなんて、いずれ表に出るだろうけどどういう裏があるんだろうな(笑)


妹の大学の大先輩にあたる故政木和三博士の発明に神経波磁力線発生器というのがあり、俺も現代技術で再生産されたセルパワーをもっていますが、これが正木さんの生前様々な病気に効果があったと言われたのはそういう理屈か。


ちなみにセルパワー社の創業者社長さんは京大OB(工学部)です。株で儲かったり京大OBで腰の痛みなんかに悩んでいる人は買ってみよう。俺は従業員の休憩室と社長室に置いていて、自分では椅子の背中にリングを置いて一日数回当ててるよ。



アンチエイジングといえば、医者君のところに1回25000円✕月三回のNMN注射を受けに来る富裕層が口コミで30人超えたそうです。(薬剤の原価は1回分1万円ですから、1.5万円の粗利です。)月135万の利益で、年1620万の儲けになります。
これで本業の内科・整形外科の儲けを足したら、俺より馬鹿なくせに俺より稼いでいる陳やITに勝つことができるとか狸に言っているそうです。
医者君はアンチエイジングの自由診療事業を儲けの柱にしていく計画だそうで、最近医療用NMNを納品している製薬会社の営業から売り込まれて新しいサプリメントをクリニックの受付で販売を始めました。
老化は体が酸化(錆びる)ことと糖化(糖質とタンパク質が結合してこげる)ことによって加速されますが、抗酸化物質のサプリだそうで、アスタキサンチンといってフラミンゴの羽根や鮭の赤身の原因を作っているやつです。
医者君の元カノによれば眼科学会でも名前を聞いたことがあるものだそうです。アスタキサンチンを引用するなら同じ抗酸化物質のルテインはいらないそうです。日焼けによる老化に特に効果があるそうです。

【wikiより転載】
アスタキサンチンは高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化反応から生体を防御する因子として働いていると考えられる。アスタキサンチンの肌への抗酸化力はβ-カロテンの約10倍、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンEの約1000倍、ビタミンCの約6000倍にも達するとされる[6]。 また、アスタキサンチンは光障害から目を保護すると言われている。

なお、彼は大手製薬会社国内製アスタキサンチンのサプリを3500円で仕入れて1万円で売るそうです。(NMNの注射してくれている人には8000円で)すっかり金儲けに貪欲になったなぁと感じています。
狸は医者くんからこれから無料で毎月1瓶あげるといわれているそうで、うちにも妹に渡してくれと試供品を1瓶くれるようです。
なお、市販のサプリは含有量にもよりけりですが、そこまで高くないです。例えばこのコエンザイムQ10(ミトコンドリア活性系)とのミックスサプリなんてコスパ高そうですし、DHCのやつは安いです。





長内市長を推薦した立憲民主党は責任を取るべき。





この会社は後継者ができずに潰れる会社になりそうだ。市場環境は最高なのに耄碌した創業者がトップダウン経営を改めない。これ以上ポジションを増やすのはやめよう。8000円割るわ。








まったく昔も今も官僚なんてなるもんじゃねぇ。




対空ミサイルを対地ミサイルに転用して発射しているのを見たら明らかだよな。


エビデンスのあるアンチエイジングサプリ一覧。
 
ハーバード大学のシンクレア教授のように1日1gを摂りたい方におすすめ。  
Pure Powder NMN27270はその商品名のとおり1袋に27270mgを配合。1日300mgで90日しっかり飲める設定のサプリメントです。
   
アンチエイジングだけではなくコロナにかかったときのために常備しておきましょう。こちらは伝統あるアンチエイジングサプリであるコエンザイムQ10も入ってます。
 
NMNにプラスするとしたらこれなど。次世代アンチエイジングサプリであるPQQが、伝統あるアンチエイジングサプリであるコエンザイムQ10と合体した実にコスパが高いサプリ。
 
次世代アンチエイジングサプリ、ウロリチン。まだちょっと高いですが。
 
NMNにプラスならケルセチンが一番安くて抗酸化作用・抗炎症作用・抗腫瘍効果・降圧作用・強い血管弛緩作用もある。
 
これはアンチエイジングではないが、抗炎症作用、鎮痛作用を持ち、関節リウマチや変形性関節症やぎっくり腰や五十肩などの筋肉や関節の痛みを生じる病気の症状緩和と、免疫力を整える効果が報告されている。
 
40過ぎたら目のケアのために飲みましょう。
 
カルシュウムとマグネシュウムは筋肉の収縮と弛緩のために大きな役割を果たしています。こむら返りや運動時に筋肉が攣る人は特にマグネシュウムが足りていません。飲んだら一発で症状が消えます。あと便秘の人には便を柔らかくする効果があります。