2015年9月30日水曜日

本日の宗主国様・属国オチ

ゴキブリが耳の中で産卵し26匹を摘出! 中国にいる「害虫の生命力」がハンパない


プライム入ったら動画見放題サービスついてきます。

本日の国際情勢オチ

ロシア上院は、ロシア軍を外国で使用することを許可する決議を承認した

外国・・・シリアでしょ。


プライム入ったら動画見放題サービスついてきます。

本日のリーベンオチ

「経済成長すれば税収は増える」なぜやらないのか?

最近それを「させない」日本人の集団的無意識層での潮流が見えてきました。
平清盛、織田信長、徳川宗春と上げ潮派の政治有力者はことごとくその半ばで倒れているわけですが、理由は仮に米帝みたいなゼニが全ての世の中になると、人間の立身出世はゼニの額で決まることになるわけです。
そうなりますと、自らは武力を持たず無力でありながら、他者の政治的権威を「認証」する「権威」だけを唯一の拠り所としている天皇を誰も敬わなくなります。
最近ではこの一番わかり易い例がホリエモンの一連の言動です。
そうなると日本の国体が破壊されてしまいますので、日本という国は好景気が続くようなことがあってはいけないという無意識レベルでの規制がかかっているのだと思います。

部落差別の起源

士農工商の身分制度が政治起源であることは、明治になって身分意識が急速に希薄になったことからも明らかだ。部落差別が政治起源であれば、どうしてこの制度をつくった権力が崩壊した後も長く残ったのか説明できない。
つまりこの部落差別は政治や「お上」とは無関係に、人々の深層意識に根ざすとするのが井沢の見解。
その深層意識とは何か?井沢はそれを「血のケガレ」という一種の宗教的意識と見る。動物屠殺を生業とする人には血のケガレがとりついているとする人々の意識自体が部落差別を支えてきたとする。

朝田理論では、「社会意識としての部落差別観念は、自己が意識するとしないとにかかわらず、客観的には空気を吸うように労働者・勤労人民の意識に入り込んでいる」とされているが、つまりこのことだ。
しかしここまで書くなら、天皇と皇族の地位について触れないと片手落ちだ。現在では士農工商の身分制度の序列はなくなっているのに、同和差別と並んで天皇制は継続しているからだ。
つまり、天皇制は同和と同じで人々の深層心理に根ざしているといえる。
だから天皇制の廃止なくして部落差別の根絶はありえない。
しかし、天皇制の廃止を表向き唱えなくなった現在の同和団体はもはや同和団体とはいえず、その点では両者をひとくくりに封建的身分制度の残滓として切り捨てる日本共産党の立場の方がはっきりしている。


プライム入ったら動画見放題サービスついてきます。


本日のヘルス・セックスオチ

1日5杯のコーヒーで死亡率1割減

20代男子3割「Hより一人でする」


プライム入ったら動画見放題サービスついてきます。

本日のネタオチ

以下は、友人とテレビを見ていた時の話である。「民主党には外国人しかいないの?」


プライム入ったら動画見放題サービスついてきます。

本日の相場・経済オチ

朝香先生「投資という観点からは、市場がどうなろうと構わない。社会が悲観に染まる経済指標が出るまで、PERが割安だとか2007年に株を買って損した人々みたいなことをしてはなりませんよ。」

朝香先生「FRB、利上げも地獄、利下げも地獄局面か」

覚者知らんもんは知らん先生「人間とは面白いもので、損をしたり得をしたりする事よりも、そこから連想される思考や感情の方を真実と判断する傾向があります。」

いわゆる「器」について。

株価つり上げ60億円売却益 監視委、仕手筋元代表告発へ

今は特定口座があるから仕手筋の売却額もガラス張りなんですかね(笑)。

大手仕手グループ元代表の70代男性→加藤あきら - Wikipedia

「般若の会」と名乗る団体が運営する株情報サイトのコラム→時々の鐘の音

当時大証1部に上場していた化学メーカーの株→4406 新日本理化(株)

これ、いぐる先生が空売りかけてもうちよっとで踏まれるところでしたね。懐かしいなぁ。
加藤氏は自分のサイトで証券コードや銘柄名は伏せ字にしてきたわけだげと、外資系証券の営業や自己売買、外国籍のファンドとグルになったレーティングやレポート、証券新聞や通信社と提携した提灯記事は取り締まらない・・・というか取り締まれないくせに。
それにしても当時新日本理化の仕手戦の市場関係者の大騒ぎは見ていたけど、過去に何回も取り組みを利用する仕手戦を手がけてきた加藤氏が、当時ホームページで明らかにしていたように、ネイキッドショートセリングの踏み上げを狙っていたのは間違いない。しかし、まさかメインバンクが売ってくるとは思わなかっただろうな。(笑)
昔なら怪しい連中に株を買い占められて経営権を握られないように、取引先やメインバンクが防戦買いするのが常だった。
それが高値で現物爆弾を落としてくるようでは、もう取り組みを利用した仕手戦なんてやってられないよね。

参考:闇株新聞さん「何で今さら加藤暠(あきら)?証券取引等監視委員会の特別調査課と東京地検特捜部が「違反している」と決めたら最後、何が何でも関係者は逮捕・起訴され粛々と裁判では有罪となります。理由なんてどうでもいいんです。」


プライム入ったら動画見放題サービスついてきます。

本日のニュースオチ