2014年2月2日日曜日

本日の国際情勢オチ

「フランス 慰安婦マンガ」騒動で主催者が激怒しブース撤去の要因になったと称される新興宗教団体出展「ハーケンクロイツ漫画」~なんでネトウヨは創価学会を狂ったように叩くくせに、幸福の科学はキャッキャウフフするの?ダブル・スタンダードならぬダブル・スピリチュアルなの?それとも大作に惚れてるの?

エルミタージュのブロウダー氏曰く、石油が60ドルになればプーチン帝国は終了

ソ連が崩壊したのはサウジと英帝(北海油田)が増産したことで1980年代から石油価格の下落トレンドが発生し、1986年8月には7.7ドルにまで下落したからさ。10ドル切った原油価格なんて今では信じられない価格だけど、これによってソ連経済は徹底的に痛めつけられ回復への力がなくなってしまった。基本的に資源国であるという構図は変わっていないので、プーチン帝国は終了というのはあり得ると感じられる。ソ連崩壊の理由はサッチャーと北海油田とサウジ、プーチン帝国崩壊の理由はシェールガス革命ということになるかも。



現代を生きる普通の人たちが、目覚め、覚醒、悟り、自分とは何か、現実とは何かについて、自分の経験と理解をみずからの言葉で率直に語った。
ラマナ・マハルシ、ニサルガダッタ・マハラジ、クリシュナムルティ、ダグラス・ハーディング、OSHO、禅の老師たちが伝え、エックハルト・トール、アジャシャンティ、トニー・パーソンズなど近年の表現者たちが語っていることと、どう重なっていて、どう異なるのか?
非二元、アドヴァイタ、ワンネスなどと呼ばれるものはどう経験されたのか? 何がその認識につながったのか?
日常的な言葉が、逆説に満ちた何かを7つの方向から指し示す。Everyday Enlightenment (2008年刊) の翻訳。