2013年6月11日火曜日

本日の宗主国様・属国オチ

まだまだ終わらない中国「豚の死骸漂流」問題 今度は「アルカリ溶液で溶かして流した」!?

南米の麻薬カルテルや893の死体の始末みたいになってきたな。

【衝撃事件】 妻が夫の局部を切断しトイレに流す / 夫「それでも妻を愛してる」~中国



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

これぞマトリックスの救世主。オメガ点。人類補完計画。
【読者レビューより】
レイ・カーツワイルさんが主張するタイムテーブルは次の通り。
2020年代 AI が 人間並みになる
2030年代 ナノ単位の小ささのロボット(ナノボット)で体内から多くの病気を治せる
同じくナノボットで脳内からヴァーチャル環境に完全没入できる
2040年代 人間の脳の構造が研究しつくされ、コンピュータは超高性能になる
その結果、人間の脳内の情報をコンピュータにコピーできるようになる
コピーされた脳内情報とは「人間自身」なので、人間もまたコンピュータ並みに超高速で考えられるようになる。
科学は爆発的に発展し、ヴァーチャル環境と同じことが現実でも可能となる。
これは、人間自身が人間を進化させ、新しい種を生み出したのと同じ。これが「特異点」だ。

本日のサイエンスオチ

害虫抵抗性作物への耐性持つ害虫が増加、研究



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

これぞマトリックスの救世主。オメガ点。人類補完計画。
【読者レビューより】
レイ・カーツワイルさんが主張するタイムテーブルは次の通り。
2020年代 AI が 人間並みになる
2030年代 ナノ単位の小ささのロボット(ナノボット)で体内から多くの病気を治せる
     同じくナノボットで脳内からヴァーチャル環境に完全没入できる
2040年代 人間の脳の構造が研究しつくされ、コンピュータは超高性能になる
     その結果、人間の脳内の情報をコンピュータにコピーできるようになる
コピーされた脳内情報とは「人間自身」なので、人間もまたコンピュータ並みに超高速で考えられるようになる。
科学は爆発的に発展し、ヴァーチャル環境と同じことが現実でも可能となる。
これは、人間自身が人間を進化させ、新しい種を生み出したのと同じ。これが「特異点」だ。

本日の国際情勢オチ

暴露された米政府の極秘個人監視プログラムの概要

民主主義なんて映画のマトリックスで、人間に一見選択を与えるようなプログラムにした方が仮想世界が長持ちして、人間電池の発電効率もよくなるというのと同じような話だからな。



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

これぞマトリックスの救世主。オメガ点。人類補完計画。
【読者レビューより】
レイ・カーツワイルさんが主張するタイムテーブルは次の通り。
2020年代 AI が 人間並みになる
2030年代 ナノ単位の小ささのロボット(ナノボット)で体内から多くの病気を治せる
     同じくナノボットで脳内からヴァーチャル環境に完全没入できる
2040年代 人間の脳の構造が研究しつくされ、コンピュータは超高性能になる
     その結果、人間の脳内の情報をコンピュータにコピーできるようになる
コピーされた脳内情報とは「人間自身」なので、人間もまたコンピュータ並みに超高速で考えられるようになる。
科学は爆発的に発展し、ヴァーチャル環境と同じことが現実でも可能となる。
これは、人間自身が人間を進化させ、新しい種を生み出したのと同じ。これが「特異点」だ。

本日のネタオチ

堀江貴文氏の「世の中カネで買えないものない発言」は朝日の捏造

「日本人を殺す」重傷者を出した「生野区連続通り魔事件」 ウィキペディアから記事が突然削除されネットで騒ぎに

乙武氏、新聞で「日本は『車椅子』条件検索できない」→読者が間違い指摘→乙武氏「昔はそういう機能なかった」



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

これぞマトリックスの救世主。オメガ点。人類補完計画。
【読者レビューより】
レイ・カーツワイルさんが主張するタイムテーブルは次の通り。
2020年代 AI が 人間並みになる
2030年代 ナノ単位の小ささのロボット(ナノボット)で体内から多くの病気を治せる
同じくナノボットで脳内からヴァーチャル環境に完全没入できる
2040年代 人間の脳の構造が研究しつくされ、コンピュータは超高性能になる
その結果、人間の脳内の情報をコンピュータにコピーできるようになる
コピーされた脳内情報とは「人間自身」なので、人間もまたコンピュータ並みに超高速で考えられるようになる。
科学は爆発的に発展し、ヴァーチャル環境と同じことが現実でも可能となる。
これは、人間自身が人間を進化させ、新しい種を生み出したのと同じ。これが「特異点」だ。

本日の相場・経済オチ

ユニクロを利用 ヘッジファンドが“乱高下3本の矢”を駆使してボロ儲け!

個人投資家「お手上げ」 乱高下する株価に「もう素人にはわからない」

わからないならやめればいいだけなんだがな(w

ユニクロ『ブラック企業』著者に「警告」 「違法な論評など2度となされませんよう…」

「悲観論を尻目に「逆噴射」、株バブル再燃の可能性」吉田恒先生

今日は今年はじめての台風のうねりが入ってくる頃合いですので、サーフィンを始めた和歌山の低位株筋のご本尊様にサーフィンのレッスンをするために昨晩から和歌山に来ております。良い感じで力強いセットが入り始めているので、朝食を終えたのでもうすぐまた海に戻りますので、今日は更新はあまりありません。相場全体の波も同じですね。準備を整えて待つことが重要です。
彼はロングボードなので今日はドルフィンではなくローリングスルーを中心にやりたいと思います。しごきがいがありそうです。



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

本日のリーベンオチ

海兵隊基地は「人殺し基地」 社民・山内氏が暴言

橋下発言とネオリベ思想の先にあるもの

「維新」の退潮、各紙世論調査で鮮明に 「お膝元」近畿でも下落、女性の支持離れ続く

橋下の後援会に入っていたうちのオカンもすっかり醒めてしまったようやし。
維新は参院選後はもうもたへんで。市会議員などを中心に、自民党と二股かけている連中が、勝った方につけで、自民党に戻ってきて空中分解するんとちゃうやろか。
全然関係ないけど、この前の地元議員の国政報告会で、特定郵便局の局長が何人かきていた。
ちょっと前まで国民新党やったのに、まったく厚かましい連中やと言えるけど、政治なんてそんなもんや。

都議会選挙。自民党・公明党が圧勝。共産党が善戦。民主党がどこまで壊滅するかがみどころ。

鳩山元首相、民主党離党へ

↑「日本列島は日本人だけの所有物ではないのですから、定住外国人の参政権ぐらい当然付与されるべき」でお馴染みの民主党の出資者鳩山由紀夫さんが軒先貸して母屋を取られてしまった件。

消えた年金自爆テロde政権交代の人民革命英雄に名誉回復

自公過半数突破で安定議席も視野に:参院選



この本は面白い。行き着く先はセカンドルネッサンスか。
【解説より】
リーマン・ショック後、世界的な経済危機は脱しても一向に失われた雇用が回復しない状況に、経済学者は頭をひねってきた。代表的なのはポール・クルーグマンが唱える景気循環説。雇用の回復が弱く、需要が不足していると見る。第二の説明は、タイラー・コーエンが提唱する技術革新の停滞説。経済を進歩させる新しい強力な発想が生まれてないからだと見る。
これに対して、本書の2人は、技術の進歩が速すぎて起きる雇用喪失説の立場をとる。つまり、コンピュータとの競争に人間が負け始めていることこそ、雇用が回復しない真の原因であると主張する。
【読者レビューより】
面白かったジョークが、ヘンリー・フォード2世と全米自動車労働組合(UAW)会長の会話。 機械化の進んだ最先端工場を視察した二人。「ここにいるロボットたちからどうやって組合費を徴収するつもりかい?」とフォードが言うと、「ここにいるロボットたちにどうやって車を買わせるつもりかい?」。この会話は、端的に、機械化の進んだ世界の問題点を浮き彫りにしている。

本日の健康オチ

首相、外国人医師規制緩和に意欲 投資減税の前倒しも表明

徳田毅衆議院議員の支持母体である徳洲会なんか大喜びしそうですねー。外国から安い賃金の医師をいくらでも連れて来られるわけで。

インフル警戒の定義改定=09年の混乱反省、3段階に-WHO

“鳥インフル”死者39人 中国当局「収束宣言」

夏に流行するインフルエンザはないからな。なんとか逃げ込めたが、また秋からが問題だな。