2012年2月5日日曜日

本日の国際情勢オチ

イスラエル情報機関長官が訪米、イラン攻撃時の対応見極めで

日本がイスラエルなら、北朝鮮の核問題と拉致問題は北の核施設に対する空爆破壊と特殊部隊の派遣による拉致被害者奪還という形でとうの昔に解決している。
イスラエルは必ずイランを殺る。彼らが核武装をすることを認めない。
なぜなら、核による相互確証破壊による抑止力とは、相手が同じ理性的な価値観を共有するがゆえに、成り立つものだからだ。
ジハードで天国に行けると言って、イランイラク戦争でマスタードガスが立ち込める機関銃陣地と戦車が待ち受ける地雷原に子どもや老人を突撃させるような国相手に相互確証破壊が通用するなど、悪い冗談である。
それともう一つ言えることは、国家に永続的な友好関係や敵対関係は存在しない。
その都度都度の都合でくっついたり離れたりする利用し利用される関係があるだけである。
イランイラク戦争時、ほぼ全てのイスラム世界と西側・東側世界から総スカンを食らったイランの兵器調達を支えたのはイスラエルであった。つまりイスラエルとイランはかつては隠れた同盟関係にあったのである。
それなりの性能を持つ中距離弾道ミサイルとそれに搭載可能な小型の核弾頭が米ソなど以外で存在していなかった状況下では、イスラエルにとっては、より近くの軍事大国イラクが核開発を進めている方が脅威だったからである。
だから、イランを支援してイラクの国力を削ぎ、イラクがイランと戦っているスキに奇襲的にイラクの原子炉を空爆して破壊してみせたのである。

革命防衛隊が軍事演習実施、海軍艦隊はサウジ入港 イラン

バチカン前のおみやげもの屋に行ったら「ミサワイン」として売られているぶどう酒なんですが、これ本当に激甘でおいしい。
私は酒は飲みませんので、優雅に紅茶に垂らして使います。
うちの妹はこれでケーキなどを作るのですが、これがまたおいしいです。

Micro Mobility マイクロ・ラゲッジ

彼女さんがおもしろいかばん買ってもってキター!
これは凄い。かばんの文化大革命だ。
出張の多い人にぜひおすすめしたい。
スーツケースを引っ張って歩くのはもうこりごり。これからはスーツケースに乗っていく時代。

ヨブへの答え(著)C.G. ユング
【レビューより】世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書
旧約聖書中の一書「ヨブ記」は、因果応報思想を超える〈全能の神〉を説いたものとされている。だが、ユングは護教的な立場には立たず、神は善悪に盲目なのだ、と言う。あるいは、善も悪も含んでいるのが全能という意味だと述べる。
神も成長し、変容するのだ。神は、あのヨブの問いから、はじめて倫理に目覚めていく。そして、やがてヨブへの償いにと、自らの息子を世に送り出し、殺すのだ。
ユングによれば、ユダヤ-キリスト教の神は本来の神の全体からすると〈切り取られた神〉なのだ。確かに神は全能である。しかしそれはこの世をありのままに許しているように、言わば人間的にその全能を発揮している。神は〈無意識〉から〈意識〉へ、また子どもから大人へと変容していく。神は善も行なえば悪も行なう。男性的であり女性的である。結婚もし、子どもも作る。
ここで一気に反転させよう。神は人間のこころ(特に無意識)である。神は人間になり、人間は神にならなければならない。
世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書である。

本日の宗主国様・属国オチ

人口に対する整形手術経験率 韓国は1.324%で世界2位

バチカン前のおみやげもの屋に行ったら「ミサワイン」として売られているぶどう酒なんですが、これ本当に激甘でおいしい。
私は酒は飲みませんので、優雅に紅茶に垂らして使います。
うちの妹はこれでケーキなどを作るのですが、これがまたおいしいです。

Micro Mobility マイクロ・ラゲッジ

彼女さんがおもしろいかばん買ってもってキター!
これは凄い。かばんの文化大革命だ。
出張の多い人にぜひおすすめしたい。
スーツケースを引っ張って歩くのはもうこりごり。これからはスーツケースに乗っていく時代。

ヨブへの答え(著)C.G. ユング
【レビューより】世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書
旧約聖書中の一書「ヨブ記」は、因果応報思想を超える〈全能の神〉を説いたものとされている。だが、ユングは護教的な立場には立たず、神は善悪に盲目なのだ、と言う。あるいは、善も悪も含んでいるのが全能という意味だと述べる。
神も成長し、変容するのだ。神は、あのヨブの問いから、はじめて倫理に目覚めていく。そして、やがてヨブへの償いにと、自らの息子を世に送り出し、殺すのだ。
ユングによれば、ユダヤ-キリスト教の神は本来の神の全体からすると〈切り取られた神〉なのだ。確かに神は全能である。しかしそれはこの世をありのままに許しているように、言わば人間的にその全能を発揮している。神は〈無意識〉から〈意識〉へ、また子どもから大人へと変容していく。神は善も行なえば悪も行なう。男性的であり女性的である。結婚もし、子どもも作る。
ここで一気に反転させよう。神は人間のこころ(特に無意識)である。神は人間になり、人間は神にならなければならない。
世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書である。

本日のネタオチ

強制捜査を妨害した渦中の朝鮮総連武闘派幹部とKARAのマネージャー同一人物説が濃厚に

バチカン前のおみやげもの屋に行ったら「ミサワイン」として売られているぶどう酒なんですが、これ本当に激甘でおいしい。
私は酒は飲みませんので、優雅に紅茶に垂らして使います。
うちの妹はこれでケーキなどを作るのですが、これがまたおいしいです。

Micro Mobility マイクロ・ラゲッジ

彼女さんがおもしろいかばん買ってもってキター!
これは凄い。かばんの文化大革命だ。
出張の多い人にぜひおすすめしたい。
スーツケースを引っ張って歩くのはもうこりごり。これからはスーツケースに乗っていく時代。

ヨブへの答え(著)C.G. ユング
【レビューより】世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書
旧約聖書中の一書「ヨブ記」は、因果応報思想を超える〈全能の神〉を説いたものとされている。だが、ユングは護教的な立場には立たず、神は善悪に盲目なのだ、と言う。あるいは、善も悪も含んでいるのが全能という意味だと述べる。
神も成長し、変容するのだ。神は、あのヨブの問いから、はじめて倫理に目覚めていく。そして、やがてヨブへの償いにと、自らの息子を世に送り出し、殺すのだ。
ユングによれば、ユダヤ-キリスト教の神は本来の神の全体からすると〈切り取られた神〉なのだ。確かに神は全能である。しかしそれはこの世をありのままに許しているように、言わば人間的にその全能を発揮している。神は〈無意識〉から〈意識〉へ、また子どもから大人へと変容していく。神は善も行なえば悪も行なう。男性的であり女性的である。結婚もし、子どもも作る。
ここで一気に反転させよう。神は人間のこころ(特に無意識)である。神は人間になり、人間は神にならなければならない。
世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書である。

本日のサイエンスオチ

福島第一2号機圧力容器、温度が上昇…原因不明

またぞろキセノンが検出されていないかね?
再臨界でなければ自発的核分裂かね?

福島第一周辺で鳥の数が減少、脳委縮も

欧州、寒波で220人死亡 ボスニアは非常事態令

温暖化詐欺師は穴があったら入りたいだろ。

バチカン前のおみやげもの屋に行ったら「ミサワイン」として売られているぶどう酒なんですが、これ本当に激甘でおいしい。
私は酒は飲みませんので、優雅に紅茶に垂らして使います。
うちの妹はこれでケーキなどを作るのですが、これがまたおいしいです。

Micro Mobility マイクロ・ラゲッジ

彼女さんがおもしろいかばん買ってもってキター!
これは凄い。かばんの文化大革命だ。
出張の多い人にぜひおすすめしたい。
スーツケースを引っ張って歩くのはもうこりごり。これからはスーツケースに乗っていく時代。

ヨブへの答え(著)C.G. ユング
【レビューより】世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書
旧約聖書中の一書「ヨブ記」は、因果応報思想を超える〈全能の神〉を説いたものとされている。だが、ユングは護教的な立場には立たず、神は善悪に盲目なのだ、と言う。あるいは、善も悪も含んでいるのが全能という意味だと述べる。
神も成長し、変容するのだ。神は、あのヨブの問いから、はじめて倫理に目覚めていく。そして、やがてヨブへの償いにと、自らの息子を世に送り出し、殺すのだ。
ユングによれば、ユダヤ-キリスト教の神は本来の神の全体からすると〈切り取られた神〉なのだ。確かに神は全能である。しかしそれはこの世をありのままに許しているように、言わば人間的にその全能を発揮している。神は〈無意識〉から〈意識〉へ、また子どもから大人へと変容していく。神は善も行なえば悪も行なう。男性的であり女性的である。結婚もし、子どもも作る。
ここで一気に反転させよう。神は人間のこころ(特に無意識)である。神は人間になり、人間は神にならなければならない。
世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書である。

本日のリーベンオチ

【友愛】鳩山由紀夫せんせいが「友紀夫」へ改名宣言

<丶`∀´> 東京のど真ん中に慰安婦問題の歴史館を建ててチョッパリどもを教育ニダ!

売春博物館か。コリァいい発想だ。

バチカン前のおみやげもの屋に行ったら「ミサワイン」として売られているぶどう酒なんですが、これ本当に激甘でおいしい。
私は酒は飲みませんので、優雅に紅茶に垂らして使います。
うちの妹はこれでケーキなどを作るのですが、これがまたおいしいです。

Micro Mobility マイクロ・ラゲッジ

彼女さんがおもしろいかばん買ってもってキター!
これは凄い。かばんの文化大革命だ。
出張の多い人にぜひおすすめしたい。
スーツケースを引っ張って歩くのはもうこりごり。これからはスーツケースに乗っていく時代。

ヨブへの答え(著)C.G. ユング
【レビューより】世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書
旧約聖書中の一書「ヨブ記」は、因果応報思想を超える〈全能の神〉を説いたものとされている。だが、ユングは護教的な立場には立たず、神は善悪に盲目なのだ、と言う。あるいは、善も悪も含んでいるのが全能という意味だと述べる。
神も成長し、変容するのだ。神は、あのヨブの問いから、はじめて倫理に目覚めていく。そして、やがてヨブへの償いにと、自らの息子を世に送り出し、殺すのだ。
ユングによれば、ユダヤ-キリスト教の神は本来の神の全体からすると〈切り取られた神〉なのだ。確かに神は全能である。しかしそれはこの世をありのままに許しているように、言わば人間的にその全能を発揮している。神は〈無意識〉から〈意識〉へ、また子どもから大人へと変容していく。神は善も行なえば悪も行なう。男性的であり女性的である。結婚もし、子どもも作る。
ここで一気に反転させよう。神は人間のこころ(特に無意識)である。神は人間になり、人間は神にならなければならない。
世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書である。

本日の健康オチ

「学業成績に遺伝が占める割合は40%」との研究結果アリ

東大卒などの高学歴を得て、東京電力のような安定雇用・高収入の勝ち組大企業に勤務することができ、たまたま福島第1原発に配属されて、遺伝子が破壊されて癌や白血病になり、一生が台無しになるというのも、これまた遺伝子が40%関与しているわけだ。
人間には自由意志など存在しない。
だから、どんなことに対しても、あなたは気負ったり、責任感を感じたりする必要はこれっぽっちもないのだ。
問題は100%自我が創りだしたものであって、それはああでもないこうでもないと考えをめぐらしつづけることによって発生している。
こうした心は、完全な錯覚なのであって、それは自分の肉体とその肉体と自己同一化している自我は木偶操り人形なのであって、自分には何の自由意志もないということを完全に認めたとき、解消されるのである。
例えばあなたはどこの国・民族・性別・家族に生まれてくるのか選ぶことはできなかった。悠仁君や愛子さんはあんな家に生まれて世間的な観点から見て何の自由もない一生を送ってゆくことがほぼ確定しているわけである。そして一方は男の子だから皇位継承ができ、一方は女だからできないとか外野が勝手にぎゃあぎゃあと騒いでいるわけである。
また、その後の一生でも、自分に選択権があったと当初は思っていた出来事でさえ、その後の展開は全く望むものではなかったという場合もあるだろう。例えば、オリンパスの歴代の会長・社長は、会長・社長になったときはやったぜ!と思ったであろう。しかし、今はどうだろうか?
人生はそのようなものなのであって、自我は自分には自由意志があって好きに決めているとベンジャミンリベットの実験では0.5秒遅れて錯覚しておいて、(要するに、自我と肉体は真我の操り人形以上で以下のなにものでもないということだ)後でこんなはずではなかったと後悔するのである。
そして真我はそれを見て、よしっ、うまくこのキャラクターを騙すことができた。苦しませることができた。完璧だ!自分が制限されるときに得られる苦しみの感情とはこういうものだったのか・・・これはリアルだ。すばらしい!というわけである。
どのみち、遺伝的にも、上から操られている思考・行動・感情的にも、あなたは操り人形以上で以下の何ものでもないなら、それを受け入れて、自分を苦しめている根本的な原因である自由意志という錯覚をゴミ箱に放り込んで、責任感や自己批判などというこれまた錯覚から解放されたらどうだろうか。

他人を喜ばせるのが好きな人、パーティーで食べ過ぎの傾向に

感情を自分の中に溜め込む人

まだ感情が自分だと勘違いしていないだけマシではないか?
なぜなら、「溜め込まれるもの」であると表現している裏には、隠喩として、感情が自分自身の本質とは別のものであり、正に「観じられる対象」であるもの、「自分自身の本質とは別の外部のもの」であることを示しているからだ。
感情が自分自身の外部のものであるというなら、それは映画の字幕やテレビの地震速報なんかのように、ただ目の前を流れていくだけのものである。
もう一度整理しよう。
私は怒っている←この怒りという感情と自己の本質を同一視しているのが大多数の常人のしていることである。
これに対して、真実は、私は今怒りを感じている、である。
であるならば、それは自己の外部をテレビのテロップのように流れていく単なる情報、コンテンツにすぎないのだから、あなたが、それを握りしめて離さない限り、消えてなくなってしまうものである。
大多数の常人がしていることは、そのテレビのテロップをビデオキャプチャして、ずっと見ているようなことをしているのである。料理番組のレシピのような思考ならそれもよいだろうが、怒りの感情に対して同じようなことをして、何かよいことがある合理的な理由があるだろうか?
でも、どうやって手放せばいいのかわからないというなら、それはあなたはどうやったら胃袋に入った食べ物を消化したらいいのかわからない、あるいはどうやったらセックスができるのかわからないと言っているようなことを言っているのである。
自らの本質を忘れ、生命力が退化しているのである。
そういう人に対する方便として、ラマナマハリシは「その思考・感情を抱いている私は誰か?」と問うように教えたし、それ以外にもセドナメソッドやマネーゲームからの脱出プロセスなどのいろいろなテクニックがある。
要するに、自分と自分が観じることができるものは別のものであるという視点に常に立ち返ることである。これが最高のいやな感情の解消法であり、成功法則である。

バチカン前のおみやげもの屋に行ったら「ミサワイン」として売られているぶどう酒なんですが、これ本当に激甘でおいしい。
私は酒は飲みませんので、優雅に紅茶に垂らして使います。
うちの妹はこれでケーキなどを作るのですが、これがまたおいしいです。

Micro Mobility マイクロ・ラゲッジ

彼女さんがおもしろいかばん買ってもってキター!
これは凄い。かばんの文化大革命だ。
出張の多い人にぜひおすすめしたい。
スーツケースを引っ張って歩くのはもうこりごり。これからはスーツケースに乗っていく時代。

ヨブへの答え(著)C.G. ユング
【レビューより】世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書
旧約聖書中の一書「ヨブ記」は、因果応報思想を超える〈全能の神〉を説いたものとされている。だが、ユングは護教的な立場には立たず、神は善悪に盲目なのだ、と言う。あるいは、善も悪も含んでいるのが全能という意味だと述べる。
神も成長し、変容するのだ。神は、あのヨブの問いから、はじめて倫理に目覚めていく。そして、やがてヨブへの償いにと、自らの息子を世に送り出し、殺すのだ。
ユングによれば、ユダヤ-キリスト教の神は本来の神の全体からすると〈切り取られた神〉なのだ。確かに神は全能である。しかしそれはこの世をありのままに許しているように、言わば人間的にその全能を発揮している。神は〈無意識〉から〈意識〉へ、また子どもから大人へと変容していく。神は善も行なえば悪も行なう。男性的であり女性的である。結婚もし、子どもも作る。
ここで一気に反転させよう。神は人間のこころ(特に無意識)である。神は人間になり、人間は神にならなければならない。
世にも奇妙な〈反キリスト教〉の書である。

本日のニュースオチ