2012年2月12日日曜日

本日の宗主国様・属国オチ

重慶副市長、北京に連行か=「暗殺」恐れ米亡命図る-香港紙

中国で権力闘争ぼっ発か、重慶市トップ側近に「亡命失敗」説



日本風水(著)戸矢 学

怨霊の古代史---蘇我・物部の抹殺(著)戸矢 学

本日の健康オチ

(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話22)12日、「ズン」という鈍い音がして、福島第1原発が最初の水素爆発を起こしたあと、数分後に、双葉厚生病院前に断熱材(グラスウール)の破片のようなものが「ぼたん雪のように」降り注いだ。=烏賀陽注:これはどう考えても「死の灰」ではないのか。~(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 4)「ずっと鼻血がとまらない。鼻をかむと今でも血が出る。たらたら垂れることもある。もう乾燥しているんだかなんだかわからない」~(福島県双葉町・井戸川克隆町長の話1 5)「胸から下、すね毛まで毛が抜けてつるつるになった」「銭湯で隣に座ったじいさんが『おい、女みたいにすべすべになっているぞ』というので気づいた」「陰毛だけは大丈夫だった」「体毛がないと肌着がくっついて気持ちが悪い」

お悔やみ申し上げます。

男性特有の朝の生理現象ナシは動脈硬化や心筋梗塞の危険あり



日本風水(著)戸矢 学

怨霊の古代史---蘇我・物部の抹殺(著)戸矢 学

本日のサイエンスオチ

巨大カタツムリ大発生でパニック、米マイアミ

外来種を入れるとこうなるという良い例だな。

地震雲観測専門家「低い虹や赤い色の月は大地震発生の兆し」

福島第一2号機、82度に 冷温停止の条件満たさぬ恐れ

自発的核分裂の次は高温停止状態とかいう単語でも作る気か?

細野原発相、「福島の原発再稼動あり得ない」と発言

福島なんてもうあれだけ放射能まみれにしたんだから、40年未満の炉はは再稼働させたらどうだよ。
チェルノブイリ原発は事故を起こした4号機以外の3機の運転は、事故が起こった1986年以降も2000年まで続けられた。
一回事故するのも二回事故するのも同じだろう。
これから原発を作る必要があるなら、立地は全て福島県でもいいぐらいだ。
一回大津波がきたということは、静岡なんかと違って当分こないということだよ。

火星に海、新たな証拠=欧州探査機が堆積物発見

福島第一2号機再び75.4度に



日本風水(著)戸矢 学

怨霊の古代史---蘇我・物部の抹殺(著)戸矢 学

本日の相場・経済オチ

昨年末の米国世帯借入残高が急増 信用に雪解けの兆し



日本風水(著)戸矢 学

怨霊の古代史---蘇我・物部の抹殺(著)戸矢 学

本日のリーベンオチ

朴は日本生まれの100%純粋な大阪人ニダですが、国税当局による悪質なミンジョク差別を許さないニダぞー!パチンコ店、1千億超申告漏れ 40グループ、国税指摘

小沢の家にもさっさと査察に入れや、タコ!

<法務省悲願の三法案>と呼ばれているのが・人権擁護法案・夫婦別姓法案・共謀罪である

そうそう街道や民団なんて法務官僚の手のひらで踊っているだけ。
ネトウヨはみんなそのことがわかっていない。
官僚が推進者だからこそ、自民党政権でも民主党政権でも手を変え品を変え政府案で出てくるのだ。
消費税増税法案と同じだよ。あれも財務官僚が黒幕だから、政権がかわっても政府案で出てくるのだ。



日本風水(著)戸矢 学

怨霊の古代史---蘇我・物部の抹殺(著)戸矢 学

本日のネタオチ

今の日銀は三条委員会として設立された人権擁護局と同じ

UMA?絶滅種?シベリアで絶滅したはずのマンモスっぽい生物が川を渡る姿が撮影される(ロシア)

朝鮮日報で特集されている「火星の上のミステリー」特集(1)

「ローマ法王は1年以内に殺される」という大司教による予言が明らかに

バチカンはファチマ第三の秘密を公表した際、予言中で聖母マリアとされる霊体によって三人の子供に示されたビジョンは、後にブルガリア情報部(その後ろには当然KGBがいたわけだが)がトルコ人テロリストを使って実行したヨハネ・パウロ二世暗殺未遂事件で最高潮に達する共産主義によるカトリック教に対する迫害を意味していたものであり、ソ連陣営の崩壊でそれはすでに過去の出来事であるという解釈を公表した。
法王庁が公表した第三の秘密の全文は日本のローカルカトリックの出版部から公式翻訳が出ているので興味のある向きは買って読むがいい。
ファティマ第三の秘密-教皇庁発表によるファティマ「第三の秘密」に関する最終公文書~教皇庁教理省
しかし、実際は、これは全文が公表されたものではない。
それは何によってわかるかというと、先に公表された第一の秘密と第二の秘密には、出現した聖母マリアが三人の子供たちに予言のビジョンを見せながら、それの解説のナレーションを行なっているからである。
しかし、教皇庁がようやく発表した第三の秘密には、ビジョンの描写はみられるものの、それを解説する聖母のナレーションは書かれていない。
それはあたかも、奈良に修学旅行にやってきて、ここが興福寺です、興福寺はこれこれの建物が建てられていて猿沢の池の隣にあってという描写の後に、ガイドさん誰が建立してという解説がつづき、次にここが春日大社です。春日大社には鹿がいて藤の木があって、朱色の社殿がありという描写の後に、ガイドさんの誰々が建立してという解説がつづき、最後に、本うちの奈良の大仏殿にきて、大仏殿はこれこれの大きさで日本最大の木造建築でという描写の後に、ガイドさんは何も言わなかったというような話だからだ。
一番重要な第三の秘密についても、当然聖母の解説があった筈で、法王庁はビジョンのみ公表して、その聖母の解説を省略することによって、第三の秘密の全文を公表していない。
要するにそれがバチカンの体制にとって都合が悪い物だったからだ。
この問題の研究については元南山大学の三上教授のサイトが日本では一番内容が充実していると思われる。
ただ、これはあくまでもヨハネ黙示録と結びついたカトリックと特に欧州旧大陸の潜在意識の発露ととらえるべきであり、カトリック信者が極少数しかいない日本人が気にしなければならないものではない。ただ、特定の宗教団体を信じている人が12億もいて、無神論者と化している人も含めて、欧州旧大陸や南米などではカトリックの宗教的集合意識に潜在意識を支配されている人は多いわけで、それによって予言は全体的には実現するでしょうけどね。
多くの人がひょっとしたらそうなるかもと信じるだけで、どれだけの力がホログラムにかかっているかはとてつもないものだ。
彼らがその呪縛から解放されるためには、ベネディクト16世は殺されなければならない。予言が成就することで、その予言に込められた集団無意識のパワーは解消されるから。

チヨッパリにも食糞の習慣があることが明らかになったニダ!

ウリナラの辞書には因果応報という単語はないニダ!

それじゃあまるで日本のマスコミがダニのようじゃないですか!



日本風水(著)戸矢 学

怨霊の古代史---蘇我・物部の抹殺(著)戸矢 学