2015年1月12日月曜日

本日の相場・経済オチ

お金より時間や若さのが価値あるぞ。億ってから気づいた。 これ以上時間犠牲にしても後悔するだろうな。

医者に「あんたは癌です、ながくもっても3ヶ月です、好きなことして暮らしてください」と言われたら、10億円のお金があろうが、悪魔に明日独裁者にさせてあげると言われようが、そんなことはどうでもよくなるだろうよ。

ケーズデンキのケーズHDが売上1兆円にむけて大量出店による成長を描いているそうです。 私は一抹の不安を感じています。

富裕層の半数強、「貧困層は気楽」と認識 米調査
教祖様「プロスペクト(3528)は夢株であり、地獄株である」

都心中心に不動産バブル 黒田日銀総裁の任期満了まで続く?


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日の宗主国様・属国オチ

韓国人「韓国人が犬を食べることは豚を食べることと根本的に違う。健康に良い薬のような概念で犬や猫を食べている」 韓国には猫湯という猫食文化が存在

【経済インサイド】「パクリ大国中国」エボラ薬まで特許侵害・模造の疑い 富士フイルム激怒、提訴辞さぬ構え


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日のサイエンスオチ

あなたの進路は人工知能が決める~アメリカの大学で、人工知能による、進路アドヴァイスが始まっているのをご存じだろうか?

植物から発想された「どんな液体でも弾く素材」の研究

2018年に始動、火星移住計画への大きな一歩~火星に地球の生物を持ち込んで行きていけるかどうかを調査


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日の健康オチ

【社会】もはや草食どころではない? 新成人の約半数「誰とも交際したことがない」

昔、私が中学1年から高校1年くらいまで、何度も兄と近親相姦してましたよ……
うちは高校時代から1年半ほど前まで近親相姦になるどころか、ファザコンの妹とは犬猿の仲でした。
アホとかバカとか言われてばかりでした。
ところでなんで最近妹がやたらべたべたしてくるのか色々考えていたのですが、
マネーゲームからの脱出の「プロセス」で不快感に浸りきるというのがあるのですが(セドナメソッドでも同じですが)、それではないかと。
タカピーで、民主党を支持したり、中国共産党を擁護する妹のことで不愉快な思いをしたことは今から思い返せばほぼ毎日のことでしたが、「プロセス」を知ってからそれを実践して、不快感に浸りきってそれからそれを精神から切り離すということを続けた結果、あの本にも書かれていますが、身近な人がそれまで考えられなかったような行動をとるようになるとかが起きたのではないかと。
要するに、私が妹を不愉快な対象として裁くことをやめたので、いつの間にか彼女との因縁を解消したということでしょう。
その結果、無限入金のある口座は得られていませんが、今まで何かあると食ってかかられて口論ばかりになっていた一番苦手なタイプの女からベタベタされるようになったのかと。
まったく、因縁を解消してよかったのかわるかったのか、わかりませんが。


俺の妹(jk2)が彼氏とsexしてた

大学時代にタマに京都の下宿から実家に帰ったとき、普段兄貴がいないからか、妹がフロに入っている間とかに無防備に手帳を自分の机の上に出しっぱなしにしていることがあって、覗き見したら日付にハートマークがついているのが彼氏とセックスをした日なのだな、とわかった。
というのは母が一昨日は教え子の試験前に臨時の家庭教師のバイトがあって妹が帰りが遅かったからとか、理系だったので研究室の実験があって帰りが遅くなるから下宿生の友達の家に泊まるとか連絡があったという日にはたいていハートマークがついていたからだ。

医者「これが癌です綺麗に取れました(内蔵グチャー」

【悲報】ワイ社畜、生きている意味を見失う

一方で内定を受けられない=社畜になれなかったことを苦にして自殺する人もいるんだぜ。
そう考えればある特定の状況にいしいもわるいもない。
自我がいいとかわるいとかレッテルを貼っているだけだよ。
だから生きる意味を見失っていい。もともと意味など無いのだから。

逆レoプって本当に存在するの? → こちらをご覧下さいwwwwwwwwwwwwww

朴の場合、女性からしようと言われればよほどのブスかババアでない限り断らないから、逆レイプになったことは今まで一度もない。逆レイプの関係が成り立つとすればあいつだけだろうな。
【悲報】中央線で人身事故、飛び散った身体の一部を持ち去った客がいるとの情報

人間なんてほんと不良品の生命体だ。

胸腔鏡を使った「肺がん」最新ハイブリッド手術~専門医が選んだ「体にやさしい」治療法


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日の国際情勢オチ

日系アメリカ市民カカシ姐さん「何度も言う。イスラムは惜しみなく奪う。軒先貸して母屋取られるである。イスラム教の横暴に屈してはならない、少しでも譲ってはならない、相手はこちらの譲歩や思いやりなどに感謝するどころか、それを我々の弱みと取ってどんどん無理難題を吹っかけてくる。彼らの最終目的はイスラム教による世界完全制覇なのだ、平和共存などあり得ない。何故我々はいつまでもイスラム教に遠慮ばかりしているのだ?他の宗教だったらこんなことは絶対にあり得ない。アメリカではキリスト教、特にカトリック教徒がさんざんひどい侮辱にあっている。クリスマスはキリスト教のお祭りだから公共施設にツリーを飾るなとか、同性愛者らがプロテスタントの教会で式をあげさせろと要求したりしている。もちろんユダヤ教は常に侮辱の的。コメンターさんがあげたウエストボロのアホ宗教についても一部の親戚親族以外の人たちは馬鹿にしきって相手にもしていない。自分は無宗教だといって既存のユダヤ・キリスト教の教えはぼろくそに攻撃する奴らも、イスラム教だけは批判しない。それはユダヤ・キリスト教徒は頭にきても暴力で報復するなどということはしないことを無宗教家らは十分に承知しているからだ。無宗教家にとって一番の敵はイスラム教のはずなのに。ここに奴らの偽善が丸見えになる。」

いやー、これよくわかるわー。イスラムをナニに読み変えたら。

フランス:モスク襲撃相次ぐ 反イスラム増幅に懸念

未だに政教分離を達成できていない宗教が政教分離が前提の民主主義と並立できるものかよ。
そもそも一神教の啓示宗教というものは、世俗の統治の掟と宗教上の戒律が分離しては成り立たないものなのだ。
なぜなら、唯一存在する神が被造物たる人間はこう生きるべしと示した戒律が宗教の教義なのだから、それ以外の生き方、例えばイスラムでいえば豚肉を食うとか、酒を喰らうとか、利子を取るとかする者は、ほっておいても地獄へ行って滅びてしまうもの。
であるならば、そうした悪人はどうせ滅びてしまうことが確実なのだからこれ以上害悪を撒き散らさないうちに殺してしまうのが一番なのだ。
では、キリスト教はどうなのかということになるのだが、西欧はプロテスタントの誕生とフランス革命によって神殺しを達成した。
それまで地上の政治的帝権・王権は神の地上代理者たるローマ法王から戴冠をうけることで信任されてきた。その一方で政治的統治者はカトリック教会の組織と財産を保護してきた。
これは日本の天皇家(神道のトップと仏教の事実上の保護者)が武家の将軍を認証し権力を認める代わりに、武家は天皇家の存続を保証してきた関係に類するものである。ただし、日本には一神教のような組織的・体系的な社会的規範と一体になった教義は存在しない。
しかし宗教改革でまず神の唯一の地上代理者たるローマ法王に従わない分派が誕生した。彼らはすべてのクリスチャンは神と直接繋がり恩寵を受けることができると主張しだした。彼らの勢力を甘く見ていたカトリック教会はとっとと異端審問を開いてルターを殺してしまったらよかったのに神聖ローマ帝国国内の政治闘争と結びついたルター勢力の早期殲滅に失敗し、神が建てた唯一のキリスト教会という建前を失うことになった。
そしてフランス革命で、神ではなく民衆が政治的指導者を選ぶようになり、革命政府が徹底的にカトリック教会を弾圧したことで、政教分離という社会的規範が成立した。もはや神の作った掟は人の作った掟に優越するものではなくなったのである。
そして20世紀に入って民主主義の政治体制は当たり前のものとなり、カトリック教会は第二バチカン公会議で事実上世俗的権力に屈服し、近代主義を受け入れるに至ったのである。
イスラムはシーア派もスンニ派もフランスに代表される西欧諸国が通り抜けたそうした歴史的神殺し、教団殺しの過程を経ていない。むしろ民主主義を採用することが原理主義政権を誕生させるということが起こっている。
この原因にはイスラムにはローマ法王と法王庁のような教義的な中心が存在していないということも大きい。
カトリックならそれまで禁止されていたことでも、神の地上代理人であるローマ法王と聖霊に導かれて誤った決定をすることができない公会議がこうすると決めれば、次の日からそれが教義になり、それに逆らう者(教団内の権力闘争に敗れた者)は異端者の烙印を押されて追放されてしまう。
例えばカトリックでは第二バチカン公会議までは一部の例外を除きミサなどの宗教儀式はラテン語で行わなければならないと決められていた。ラテン語を教団公用語とすることが教団の教義的・儀式的統一性と一体感を生んでいたのである。(これはマクドナルドなどが全世界で統一したロゴマークやメニューを提供しているような話だ)しかし第二バチカン公会議で法王庁がそれを国語でやってもいいと決定した。それに反対するルフェーブル派はカトリックから追放されてしまった。(彼らはフランスで王政復活派や人民戦線と結びついて反イスラムを唱え勢力を拡大している)
これに対してローマ法王庁のような宗教的権威のセンターを持たないイスラムはそれがいいのか悪いのかは別にして宗教の教義をトップダウンで大きく変えることができない。
そういうわけで、リベラルなフランス人がいくら望んだところで、イスラム教が第二バチカン公会議後のカトリックのように一宗教団体としてフランスの政教分離体制と共存することはありえない。

【米国】『シャピロ博士から朴槿惠大統領への公開声明(二カ国語)』…米国弁護士ケント・ギルバート氏のブログ

【速報】兵役逃れの在米コリアン「韓国に帰らない」…韓国兵務庁「帰国しなければ規定通り告発」 在外コリアンの兵役逃れがついに犯罪に

朴は100%純粋な日本人だけど、在米コリアンが徴兵されるというのは元はといえば日帝の植民地統治が原因になっているのだから、日本政府は憲法9条を盾に彼らの保護を韓国政府に働きかけるべきで、それでも徴兵されるというなら彼らの政治的亡命を受け入れて生活保護と参政権を与えるべき。


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日のリーベンオチ

成人式会場を改造バイクで走り回り、職務質問の警官を暴行 土木作業員(35)を逮捕…和歌山

ああ、この体育館ね・・・前の国体道路をちょっと南に歩いたら人権センターとか同和企業センターとかあってね。
きっと差別に苦しんでいたやり場のない怒りが運の悪い警察官に向けられたのでしょう。
こんなのにいちいち目くじらを立てるのは差別主義者ですね。

元疑惑の総合商社鈴木宗男さんが悪徳総合スーパーを糾弾!「岡田克也は自分が勝つためならここまでやるのか。民主党代表になる前に人の道をわきまえろと言いたい!!細野豪志頑張れとエールを送りたい・・・」

「残業代0法案」 営業マンにも適用wwwwwwwwwwwww

っうか↓こうするなら別だが。

3億円売る“スゴ腕”も…カリスマ販売員に役員並み高給 三越伊勢丹HD

現代的傾奇者@成人式

ええやん。わいこういうのええと思うわ。

日 本 を ダ メ に し て る の は F ラ ン ク 大 学!どうだろう?偏差値50未満の大学は潰したほうがいいんじゃないか?

っうか、本来高卒で働いていた層がみんな大学に行くようになって、結婚年齢が上がって少子化は進むは、雇用のミスマッチは起こるわになっているのは事実だと思われる。
昔は銀行なんかでも窓口のねぇちゃんは高卒だったし、証券会社でも高卒の叩き上げの営業マンがいて、営業所長などの管理職などにもそういうのがいた。
バブル前は新卒の自動車のセールスマンなんかも高卒の採用枠があった。
結局、みんなが大学行くようになって、高卒の仕事は人不足になり、外国人労働者を入れないと成り立たないという状況になってしまった。
一方で、将来の司令官、つまり経営幹部として養成する枠に、大企業が差別と言われることをおそれて表向き採用校を明示しないため、大卒者が殺到するようになり、内定をもらえない学生が出てくる。
結局Fランは大企業では流通や飲食や体育会系セールスや物流などの高卒者でも気合と根性でなんとかなる仕事にしか採用されない。
4年間の時間と就職していたら得られる収入と学費を比較するなら、正直Fラン大学は潰してしまえというのはあながち暴論とはいえない。

【大阪市】ヘイトスピーチ対策の大阪市有識者会議、訴訟費用を被害者に貸与する制度の新設を答申に盛り込む方向で調整

市長は大阪都構想の住民投票が否決されて弁護士に戻った時のシノギのネタを作っているんだよ。
過払い金請求訴訟ネタはもうおしまいだから、次は人権ネタで食っていこうというのが法曹界の考え。

【民主党代表選】岡田克也氏「消費税は時間を置かずに10%にきちんと上げていくことが次の世代のためにも必要」

イオンが会社をあげて民主党を応援しており、選挙の時の店舗が自民・公明党候補における文化会館みたいな感じになっているのは知る人ぞ知る話なんですが、弟さんが主張している消費税増税のお陰で、お兄さんが経営している会社がたいへんなことに。

イオン/3~11月は売上高9.9%増、営業利益47.9%減の493億円

通期業績見通し、非常に難しい数字だと思っている=イオンCFO

これに対して自民党支持企業の同業者ですが、早くから経営の軸足を総合スーパーからコンビニなどに移していたことが幸いし

セブン&アイ 営業利益・収益とも過去最高

まぁワシ的にいえば、最近イオンモール行っても専門店以外では生鮮食品ぐらいしか買わない。そして総合スーパー行くぐらいならコストコホールセール行く方が楽しいって感じですね。


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日のネタオチ

【速報】在日民団が日本のパスポートを偽造して大量に保有してることが発覚!!! これとんでもない犯罪だぞ!!!

【サヨク悲報】サザン問題を質問した結果⇒籾井NHK会長「歌詞の一つ一つまでは全然聴いておりません。『わーわー』って歌。言葉よりも、リズムが持ち味ですから」

【驚愕】親父の本名を興味本位でググった結果 → ガチのヤクザだった・・・・あれ?不動産屋の社長と聞いてたのに・・・

【悲報】まいんちゃん(16)、彼氏ができる(画像あり)

あのかわいかったまいんちゃんがこの男のちんぽを喉まで咥えこんでフェラしておいしいとか言ってるんだろうなぁ。

【速報】神戸新聞阪神総局長の中西弘則容疑者(57)を逮捕!少女に猥褻容疑

ブサヨが一匹始末されたな。

肉体を持った自分というのは、本当の自分自身ではなく、真我である魂の分身・化身として存在している、アバターにしか過ぎないのです。肉体を持った自分というのは、真我である魂のアバター(分身・化身)として存在していますので、真我である魂が、分身であるアバターをコントロールしています。リモコンの飛行機に例えるならば、リモコンで操作しているのが、真我である魂であり、リモコンで操作されて飛んでいる飛行機が、アバター(分身・化身)である、肉体を持った自分なのです。私たちは、自分の意志で、右を向いたり左を向いたり、歩いたり走ったり、体を動かしたり、頭で何かを考えたりしていると思っていますが、それらを全て操作してコントロールしているのが、本源の我であり、真我である魂なのです。

ベンジャミン・リベットの実験結果から言えばfree willなど戯言である。

植村隆氏、代理人にしばき隊弁護士を起用wwww

世界遺産の吉水神社の神主さん、改めて「何故?今・・・急に「マック」ばかりにマスコミは異物混入報道を繰り返し騒ぐのか?」とマックを擁護

理由を知りたければ【検索】神道政治連盟 マクドナルド 自民党

▼サーフスケートなる新境地が開発される

なんやこれ、ごっっいなぁ。

反保守反動啓蒙サイトリテラさん「ヘイトを利用する自民党のネット戦略(下)ネトウヨの温床「ニコ動」と自民党の関係 麻生太郎の親族も取締役に!」

丸亀製麺の香川県1号店撤退、トリドールは上手い不味い以前に値段で負けた

神戸の会社が丸亀を名乗ってうどんの本場に出店って、なんかあれだろ、海外に行って日本食食べようと店に入ったら韓国人が経営する日本料理屋だったような話だろ。

伊勢白山道氏「銅鏡の模様と同じ神気が撮影されました!」

種明かし。こんなもん単なる空気中に舞うホコリがフラッシュの光を受けて拡大して撮影されたもので、デジタルカメラ登場以前には撮影されることがありませんでした。
理由は、フィルムカメラは機会的なメカニカルシャッターを採用しており、デジタルカメラは電子シャッターを採用しているからです。神気でもなんでもありません。

心霊写真の解明と再現・オーブの撮影の仕方

「朴は100%純粋な日本人だけど、在特会の本を売らされるなんてまっぴらだ」「ポルノのように取り扱うべき」大手書店のユニオンが発言し話題に


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。