2014年11月29日土曜日

本日の相場・経済オチ

シャープ元副社長が語るサムスンとの関係 「与えられるものをサムスンにどんどん与えて、感謝してくれればいいと思っていた。そしたらサムスンがシャープに訴訟を起こしてきた」

韓国人に技術をどんどん与えて会社が左前になりましたって、バカだろ、こいつ。


本日のネタオチ

なぜ佐藤優氏は創価学会の選挙活動にしか役立たない本を書いたか

『WiLL』編集長・花田紀凱氏「アマゾンで朝日新聞の押し紙を売っていた」



本日のリーベンオチ

団塊ジュニア以下は公的年金を受け取るな!年金をもらって悠々自適の生活をするなど、一部の富裕層の特権であって、団塊ジュニア以降は基本的に死ぬまで働いて当り前なのだ。公的年金を廃止すると、いまの団塊ジュニア世代以下は、公的年金を払ってきたのに年を取った時に貰えず、それこそ世代間の不公平ではないか、という議論があるだろうが、そもそも維持不可能とわかっている制度を継続することに問題があったのであり、支払ってきた公的年金は、ある種の「サンクコスト」として諦めるしかない。40代以下が過去に払ってきた公的年金など、団塊世代より上の親世代や祖父母世代を養うための税金に過ぎない。将来に帰ってくると考えること自体が間違っているのだ。幼少期と青年期で貨幣価値が10倍違い、世の中に出回っているモノも全く異なっていた団塊世代と、幼少期と青年期で買う物があまり変わらず、幼少期からテレビゲームで遊んでいた団塊ジュニア世代とを、同列に比較することがそもそも間違いである。

つまり「若いもんは我々年寄りの老後の生活を支えるために死ぬまで社畜になって働け。日本をここまで豊かな国にしたのは誰のおかげだと思っているんだ。おまえら若いもんの老後の生活?そんなもん知らん。死ぬまで働いたらいいんじゃないの?」ということ。
この意見は暴論でもなんでもない。政治家や官僚や高齢者の本心であろう。
要するに、年寄りはきちっと選挙に行く、若いもんは行かない。
年寄りは暇だから地方議会議員や国会議員の後援会に入り、党員にもなる。これに対して若いもんはええかっこうして「僕無党派」。
政治家がどちらの方を見て仕事をするかは明らかだろ。

【東京】新宿で韓日文化交流祭典 韓日混成のK-POPグループ「KIMIN」らが若い女性を虜に(民団新聞)→民主党のあの人も登場

【サヨク困惑】日本共産党、各テレビ局を直接訪れ総選挙の報道について事細かに要請

【衆院選2014】東京12区:日本共産党の池内さおり候補「アホはおまえらや!」有権者を罵倒(動画)

左翼学者「(自民党から政権を奪還して)慰安婦や南京大虐殺を否定したら逮捕できる法律を制定するべき」

「勤務先はブラック企業だと思う」は4人に1人

日本の民間企業の大部分は、おおむね二種類にわけられる。
給料が安いブラック企業か、給料が世間並みのブラック企業かである。
稀に電通やキーエンスのような給料が高いブラック企業もあるが、未来工業のようなホワイト企業は稀である。
この理由は、日本人が努力と責任感を何よりも大切にする国民性を持ち、それを同調圧力で他者にも強制するからであると思われる。



本日の宗主国様・属国オチ

【韓国】「放火罪で服役した事が悔しくて・・・」 腹立ちまぎれに放火

クネ女酋長、統一協会にケンカを売る!神罰が怖くないニカ!?