2012年4月8日日曜日

本日の健康オチ

カツラをかぶって化粧をしセーラー服着て公然わいせつの疑い、警部補を逮捕

「高齢者はガムを噛むと記憶力アップする」と歯科大学が解明

フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する「フリーミアム」の解説書】
【レビューより】
物理空間と異なり情報空間では私たちが財やサービスに直接触ったり味わったりはできない。また情報空間では限界効用逓減の経済学の法則が当てはまらない。
ソフトウエア産業のグーグルでは限界費用の可変コストはごくわずかで限りなくゼロに近い。従来の企業モデルでの費用の束縛から最も自由でかつ無限大の利益を上げる条件を備えた企業である。
p.84実は企業にとつて不正コピーによる機会損失は大した損害にはならない。痛くもかゆくもない。
権力者は見えない敵をひどく恐れる。歴史的にみても貨幣という無料ツールは権力者よって大いに利用されてきた。米ドルのカラクリはFRBが「ドル」を「無料」で普及させ国際的に信用力のある取引道具とし、あまねくその利用料を徴収している。アメリカの市中銀行がFRBからドルを借りるのに貸出金利をはらい、また外国の銀行はアメリカの市中銀行からドルを借りるためには金利よりも高い為替手数量をも払わなければならない仕組みになっている。 FRBという民間企業には黙っていても巨額の利益が上がるようになっている。アメリカ政府が巨額の国債を発行するたびに、それと引き換えに(限界費用が働かない唯一の産物)ドル札を刷ってきた。実はアメリカ人はFRBの保有する国債の利子をを払うために税金を徴収されている。
マスメディアのビジネスモデルが「フリーミアム」である。番組制作のコストを広告主が負担している。同じことが、ファッション,健康、旅行ガイド、飲食店ガイドなど、果ては一般の新聞紙に至るまですべてがフリー経済である。かくして編集記事なのかタイアップ記事なのか不明なケースが多い。無料ソフトのダウンロードではアンケートに答える形で個人情報を手に入れて配信に活用している。
グーグル検索とGメールの内容は常に権力者の誰かによって監視されている可能性がある。したがって中国やアラブ諸国がそれに対して敏感に反応し対抗措置をとっている。
ICチップ埋め込み型のUSIDカードで米国人は完全に監視体制下におかれている。
グーグルに不都合な記事はグーグル検索ではヒットしない仕掛けになっている。
コンフォートゾーン(自分にとって快適な現状)の外側にゴールを設定し、つまり他人の評価や言葉から縛られていることから解放し満足度の高い人生を手に入れる。
資本主義は、人々に金銭的な執着心の強さを競わせ、お金の奴隷にするシステムである。
それは結局のところ、税金や預貯金の形で国家権力が吸い上げていく。


本日の相場・経済オチ

金のにおいがすごくするよ

今日は中華料理を食べながらお金のにおいをゲップがするぐらい嗅ぎました。
例会の内容は当分書けませんが、5277は3年ぐらい持続でいいと思う。
1000円という目標株価すら、保守的でした。それどころかという話でした。
ただし....信用買で6ヶ月後の株価急騰を夢見ている人は辞めた方がいい。
他の建設関連周辺株はPBR1倍超えていない奴は何買っても1倍にはなる。ただしこちらも6ヶ月後の株価急騰がどうのこうのという話ではないが。
あそこの業績については、この銘柄のことを全く知らなかったヘッヂファンドの人が、業績進捗率に目を丸くしていた。
参考までに
【会社予算】【第三四半期】【進捗率%】(単位百万)
(売上) 3160 2384 75.44%
(営業利益) 215 208 96.74%
(経常利益) 215 232 107.90%
(当期純利益) 205 211 102.92%
(EPS) 26.64 27.36 102.70%
買うなら本決算が出るまでが一つのチャンスになるでしょうね。
この決算見たらわかると思いますが完全に上方修正になるから。
先週末の株価468円で第三四半期のEPSでPER17倍ですが、本決算はほぼ確実に30円は超えるでしょうね。おそらく35円超に。
売上高の推移を見ますと(第1四半期)636百万円→(第二四半期)1521百万円【第1四半期の2.39倍】→(第三四半期)2384百万円【第1四半期の3.74倍】→(本決算)?
EPSの推移を見ますと(第1四半期)2.57→(第二四半期)15.53【第1四半期の6.04倍】→(第三四半期)27.36【第1四半期の10.64倍】→(本決算)?
気が付かれただろうか?第2四半期で売上高は第1四半期の2.39倍にしかなっていないのに、EPSは同6.04倍に、第3四半期で売上高は第1四半期の3.74倍にしかなっていないのに、EPSは同10.64倍になっていることに。
理由は損益分岐点。損益分岐点とは売上額と利益+固定費+変動費の合計がイコールになる点だが、売上高がココを超えると、固定費の額が一定だとした場合に固定費と変動費の合計額である総費用線の上昇角度よりも売上高の角度が優越する限りにおいて、利益は化級数的に増えてゆく。
シャープが台湾企業と組むしかなくなったのは、工場の稼働率が50%になるぐらいに売上高が減少し、工場が稼動しようがしまいが一定額発生する減価償却費や労働者の給料などの固定費を、売上高でカバーではなくなってしまったからだ。逆の言い方をすると、売上高が損益分岐点を下回ることになって、赤字が逆に過級数的に増えることになってしまったのだ。
つまり、設備産業にとって売上高と共に工場やリース資産の稼働率がどんどん高くなるというのは、利益がドンドン増えることになり最高なのだ。
あの会社は震災復興今こうした状況になっていて、今後整備新幹線とリニアと第二東名、二車線高速道路の4車線化その他の道路工事でウハウハの状況になっていく。
これは他の建設関連周辺銘柄についてもそうだ。
そして何より素晴らしいのは、これらの建設周辺銘柄は小泉政権以降の公共工事削減を受けて元請けから苛烈なコストカット要請を受けていて、元請け以上にリストラが進んでいて損益分岐点が下がっており、倒産する会社は倒産してしまっているから、サプライサイドの供給過剰問題は存在しないということである。
今日は現役の公認会計士の先生が複数の銘柄について財務分析を行ったのだが、売上高の上昇がいくつかのパーテンセージという過程をした上における最終利益の増加のシュミレーションはどの会社共に素晴らしいものがあったと付け加えておく。
ただし、これが株価に反映されるのは今すぐということはないであろう。整備新幹線の着工も今日明日という話ではないし、結局は四半期ごとの決算で実績を示してそれを株価が反映してゆくという後付のプロセスをたどるしかないだろう。(その理由はこの業界をカバーしているアナリスト不足)
あとうちの銘柄関連ではスタアリは数ヶ月以内に昨年高値を取りに行くであろう。

▼例会

本日は神戸市にて私らの投資集団の例会があるのですが、私の提唱している建設関連周辺銘柄について、先輩方がその人脈で大手ゼネコンの原価計算や設計や現場監督などに長年携わってきた現役幹部社員をオブザーバーとしてお呼びすることができました。
わざわざお金と交通費を払って来ていただいたのは、整備新幹線やリニアや高速道路の建設改修でどの程度のスパンクリートが何年に渡って使われるのか?またその価格はどの程度なのか?某仮設リース会社にはどの程度の発注がどの程度の期間あるのか?市場占有率は?などといったことです。
それ以外にも東京からうちの彼女さんや他の外資系投資銀行の営業やヘッジファンドのマネージャー、在阪の大手証券の大口顧客営業担当なども参加します。
私の銘柄に関するプレゼンとお話については40分ぐらいの時間を予定しています。どのような話が聞けるのか楽しみです。ただ、爺さん連中がわざわざ建設会社の人をグリーン車で呼んで一流ホテルに泊めて5万円も講師料を払ったところを見ると、かなり脈があるという印象を受けたのだと感じています。なにしろ、彼らは出来高が少ない株は滅多にしない人たちだからです。最低でも東証大証の一部。最近では私の推奨株で乗ってきてくれているのは近鉄(これはもう売りぬけ)、スタジオアリスとアコーディアと王将とNモバイルぐらいです。
もちろん私の銘柄だけが話しのテーマになるのではありませんので、それ以外の銘柄や為替相場などについても情報交換が行われるでしょう。

投資初心者はトレンドフォロー戦略から

トレンドフォローの時代は終わった?

実は、リーマンショックもトレンドだった?

最初は大変だと感じても良い。プロセスを続けていればどんどん楽になる

フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する「フリーミアム」の解説書】
【レビューより】
物理空間と異なり情報空間では私たちが財やサービスに直接触ったり味わったりはできない。また情報空間では限界効用逓減の経済学の法則が当てはまらない。
ソフトウエア産業のグーグルでは限界費用の可変コストはごくわずかで限りなくゼロに近い。従来の企業モデルでの費用の束縛から最も自由でかつ無限大の利益を上げる条件を備えた企業である。
p.84実は企業にとつて不正コピーによる機会損失は大した損害にはならない。痛くもかゆくもない。
権力者は見えない敵をひどく恐れる。歴史的にみても貨幣という無料ツールは権力者よって大いに利用されてきた。米ドルのカラクリはFRBが「ドル」を「無料」で普及させ国際的に信用力のある取引道具とし、あまねくその利用料を徴収している。アメリカの市中銀行がFRBからドルを借りるのに貸出金利をはらい、また外国の銀行はアメリカの市中銀行からドルを借りるためには金利よりも高い為替手数量をも払わなければならない仕組みになっている。 FRBという民間企業には黙っていても巨額の利益が上がるようになっている。アメリカ政府が巨額の国債を発行するたびに、それと引き換えに(限界費用が働かない唯一の産物)ドル札を刷ってきた。実はアメリカ人はFRBの保有する国債の利子をを払うために税金を徴収されている。
マスメディアのビジネスモデルが「フリーミアム」である。番組制作のコストを広告主が負担している。同じことが、ファッション,健康、旅行ガイド、飲食店ガイドなど、果ては一般の新聞紙に至るまですべてがフリー経済である。かくして編集記事なのかタイアップ記事なのか不明なケースが多い。無料ソフトのダウンロードではアンケートに答える形で個人情報を手に入れて配信に活用している。
グーグル検索とGメールの内容は常に権力者の誰かによって監視されている可能性がある。したがって中国やアラブ諸国がそれに対して敏感に反応し対抗措置をとっている。
ICチップ埋め込み型のUSIDカードで米国人は完全に監視体制下におかれている。
グーグルに不都合な記事はグーグル検索ではヒットしない仕掛けになっている。
コンフォートゾーン(自分にとって快適な現状)の外側にゴールを設定し、つまり他人の評価や言葉から縛られていることから解放し満足度の高い人生を手に入れる。
資本主義は、人々に金銭的な執着心の強さを競わせ、お金の奴隷にするシステムである。
それは結局のところ、税金や預貯金の形で国家権力が吸い上げていく。


本日のリーベンオチ

石原の反動野郎が陸自第1師団50年式典で自衛隊が戦争ができるように憲法を改正しなければならないと訴えやがったニダアル!

今年、自民党の法務部会で法務省の 人権擁護局長が「法務省の悲願」と発言したと、大分県出身で自民党参議院議員の衛藤氏が動画でおっしゃっていますが、官僚の既得権確保です。

消費税増税と同じで官僚の利権だよ。
政権が変わっても名前が変わって出てくるのは政権が変わっても変わらない国家権力を持つ勢力がバックにいるからだよ。
国民が何を考えるべきか、考えるべきでないかということは、エリートが善導出来なければ国がぐちゃぐちゃになってしまうというのが官僚の考え方だから、悲願なんだよ。

【断固阻止!】人権救済機関設置法案、20日閣議決定で調整 民主保守系反発、阻止へ

「大阪市が壊れていっている」「私の時代にいた人が袋だたきになっている」平松前市長が橋下氏批判

小泉絶好調の頃の野中御大や亀井静香みたいなこと言っているな。

橋下のやろうが公務員の居眠りする権利を侵害したすみだ

フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する「フリーミアム」の解説書】
【レビューより】
物理空間と異なり情報空間では私たちが財やサービスに直接触ったり味わったりはできない。また情報空間では限界効用逓減の経済学の法則が当てはまらない。
ソフトウエア産業のグーグルでは限界費用の可変コストはごくわずかで限りなくゼロに近い。従来の企業モデルでの費用の束縛から最も自由でかつ無限大の利益を上げる条件を備えた企業である。
p.84実は企業にとつて不正コピーによる機会損失は大した損害にはならない。痛くもかゆくもない。
権力者は見えない敵をひどく恐れる。歴史的にみても貨幣という無料ツールは権力者よって大いに利用されてきた。米ドルのカラクリはFRBが「ドル」を「無料」で普及させ国際的に信用力のある取引道具とし、あまねくその利用料を徴収している。アメリカの市中銀行がFRBからドルを借りるのに貸出金利をはらい、また外国の銀行はアメリカの市中銀行からドルを借りるためには金利よりも高い為替手数量をも払わなければならない仕組みになっている。 FRBという民間企業には黙っていても巨額の利益が上がるようになっている。アメリカ政府が巨額の国債を発行するたびに、それと引き換えに(限界費用が働かない唯一の産物)ドル札を刷ってきた。実はアメリカ人はFRBの保有する国債の利子をを払うために税金を徴収されている。
マスメディアのビジネスモデルが「フリーミアム」である。番組制作のコストを広告主が負担している。同じことが、ファッション,健康、旅行ガイド、飲食店ガイドなど、果ては一般の新聞紙に至るまですべてがフリー経済である。かくして編集記事なのかタイアップ記事なのか不明なケースが多い。無料ソフトのダウンロードではアンケートに答える形で個人情報を手に入れて配信に活用している。
グーグル検索とGメールの内容は常に権力者の誰かによって監視されている可能性がある。したがって中国やアラブ諸国がそれに対して敏感に反応し対抗措置をとっている。
ICチップ埋め込み型のUSIDカードで米国人は完全に監視体制下におかれている。
グーグルに不都合な記事はグーグル検索ではヒットしない仕掛けになっている。
コンフォートゾーン(自分にとって快適な現状)の外側にゴールを設定し、つまり他人の評価や言葉から縛られていることから解放し満足度の高い人生を手に入れる。
資本主義は、人々に金銭的な執着心の強さを競わせ、お金の奴隷にするシステムである。
それは結局のところ、税金や預貯金の形で国家権力が吸い上げていく。


本日のネタオチ

世が世なら将軍様だった徳川家広さんが「天にかけて誓う。平民ども、よく聞くがよい。日本は国家破産する。余が言うのだから間違いない。銀行が次々と破綻し、預金のかなりの部分が消滅する。失業率は40%になるだろう。」と高らかに宣言

徳川家広さんの父上は徳川将軍家(公爵)代18代当主、元日本郵船副社長、徳川記念財団理事長の徳川恆孝さん。
要するに世が世なら姫さんちが占拠している江戸城の城主にして、征夷大将軍であるぞ。
こいつ吉宗公の亡霊でも乗り移っているんとちゃうか。

【速報】テレビ朝日でひどい放送事故wwwwwww

コリァ外国人社員の願望がうっかり出てしまったのだろう。

【PAC3配備】 陸自隊員が警備に小銃を携行、尋常ではない。銃は住民に向けられる事にならないか?…琉球新報

あの朝日を超える新聞が実在しているとは、信じられないな。

フリー経済学入門 【知らないではすまされない! 世界を支配する「フリーミアム」の解説書】
【レビューより】
物理空間と異なり情報空間では私たちが財やサービスに直接触ったり味わったりはできない。また情報空間では限界効用逓減の経済学の法則が当てはまらない。
ソフトウエア産業のグーグルでは限界費用の可変コストはごくわずかで限りなくゼロに近い。従来の企業モデルでの費用の束縛から最も自由でかつ無限大の利益を上げる条件を備えた企業である。
p.84実は企業にとつて不正コピーによる機会損失は大した損害にはならない。痛くもかゆくもない。
権力者は見えない敵をひどく恐れる。歴史的にみても貨幣という無料ツールは権力者よって大いに利用されてきた。米ドルのカラクリはFRBが「ドル」を「無料」で普及させ国際的に信用力のある取引道具とし、あまねくその利用料を徴収している。アメリカの市中銀行がFRBからドルを借りるのに貸出金利をはらい、また外国の銀行はアメリカの市中銀行からドルを借りるためには金利よりも高い為替手数量をも払わなければならない仕組みになっている。 FRBという民間企業には黙っていても巨額の利益が上がるようになっている。アメリカ政府が巨額の国債を発行するたびに、それと引き換えに(限界費用が働かない唯一の産物)ドル札を刷ってきた。実はアメリカ人はFRBの保有する国債の利子をを払うために税金を徴収されている。
マスメディアのビジネスモデルが「フリーミアム」である。番組制作のコストを広告主が負担している。同じことが、ファッション,健康、旅行ガイド、飲食店ガイドなど、果ては一般の新聞紙に至るまですべてがフリー経済である。かくして編集記事なのかタイアップ記事なのか不明なケースが多い。無料ソフトのダウンロードではアンケートに答える形で個人情報を手に入れて配信に活用している。
グーグル検索とGメールの内容は常に権力者の誰かによって監視されている可能性がある。したがって中国やアラブ諸国がそれに対して敏感に反応し対抗措置をとっている。
ICチップ埋め込み型のUSIDカードで米国人は完全に監視体制下におかれている。
グーグルに不都合な記事はグーグル検索ではヒットしない仕掛けになっている。
コンフォートゾーン(自分にとって快適な現状)の外側にゴールを設定し、つまり他人の評価や言葉から縛られていることから解放し満足度の高い人生を手に入れる。
資本主義は、人々に金銭的な執着心の強さを競わせ、お金の奴隷にするシステムである。
それは結局のところ、税金や預貯金の形で国家権力が吸い上げていく。