2022年7月19日火曜日

本日のニュースオチ

内務省の復活は無理でも、警察の警備公安部門や法務省公安調査庁や宮内警察や水上警察部門の統合で国家公安委員会直属の特別高等警察庁をつくり、国家警察化は可能なはず。自治警は交番と交通と犯罪捜査だけやっておればよい。

実験段階のがん治療薬sabizabulinが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の中等症〜重症患者の死亡リスクを約55%低減する可能性のあることが、新たな研究で示された。研究グループは、「この効果は、これまでに承認された薬剤を上回るものだ」と話している。

独政府、原子力発電所の閉鎖延期を検討へ

多くのスマホがスパイウェア「Pegasus」でハッキングされ個人情報も何もかもが筒抜けだったことが発覚

岸田首相が国葬を即決した理由「世界各国から要人が…」「岸田さんが主人公になる」 後藤謙次氏が指摘

竹中平蔵、パソナ取締役会長を退任

松井と吉村も維新から逃げ出すし。

参考:竹中平蔵と橋下徹という“双子の弟子”を生んだ故・堺屋太一の大罪

参考:維新は「パソナ丸投げ」病! 21億円の時短協力金業務で大幅遅れとデタラメ発覚したのに新しい仕事発注 橋下時代から竹中崇拝が

参考:維新と竹中氏は切っても切れない深い関係 大阪の府民・市民を貧しくする維新、食い物にする竹中・パソナ

男性の方が平均寿命短い理由 「男性しか持たないY染色体の喪失」が関連

ロシアがイランから「軍事ドローン」を大量購入!両国が急接近する理由とは

糖尿病でインスリン分泌低下の原因解明 治療の手がかりに 群馬大学の研究グループ

やはりミトコンドリアが絡んでいる。
NMNが糖尿に効果がある理由はこれで明白だ。
NMNは細胞の中に取り込まれてビタミン補酵素のNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質に変化するのだけど、NADがないとミトコンドリアはエネルギーを生成することはできない。ちなみに補酵素を英語でなんというかというと「コエンザイム」。コエンザイムQ10も補酵素の一種。キノン補酵素のPQQもそう。加齢によるミトコンドリアの弱体化が老化や糖尿やアルツハイマーの原因になっているなら、細胞内の酸化還元反応に関与するここらへんを押さえておいて摂取するとよいのではないか?

アマゾンも栄枯盛衰の罠にはまったのか? 

マン筋いとおかし。


ワロス。


プレハブの嫁そっ閉じ。


NMN飲んどけ。飲み始めてから階段を4-5階分あがったり、サーフィンでパドルしてもチアノーゼが全然出ない。もともと心臓病の薬として治験がされていたコエンザイムQ10もトッピングするといいかもしれない。



foxも狸も妹も課長も初めては前戯は感じてもチンポが入ってくると違和感しか感じなかったと言ってた。


ばかだろおまえ。今年も浪人や。

伊勢白山道さん「これは勤務年数がまだ浅い人の場合に言えることなのですが、・従来の仕事のやり方を、一部でも自分なりに変えていないか?これに注意をして欲しいと思います。より効率の良い方法、絶対にこっちの方法のほうが良い、というのは分かります。確かに言えることでしょう。でも、違うのです。 先輩や同僚は、自分と同じ方法をしてくれるか、否か、これを踏み絵にしている場合が会社には有ります。特に古い職場のヌシが居る所では、非効率な方法をしていることが多いです。でも、それに抵触することは要注意です。地雷爆弾のようなものです、笑。早く出世する人は、上司が何を嫌がるか?これを感知する臭覚が凄い人が多いです。これが分からないと、なぜ他人が自分を避けるのかは分からないままでしょう。」

日本の歴史ある大企業のサラリーマンになりたいなら、当然やろ。
新卒は覚えとけ。



京大桂童貞収容キャンプや東工大のチー牛みてると、あれって人間関係結べるのかと思うな。



元テレビ局報道局管理職の先輩も立憲民主政権になったら安倍を刑務所に入れられたのにと言ってる。














わしの中房の頃はエロ本は大和川の行基大橋か下高野橋か近鉄の鉄橋の下に拾いに行くものじゃったわい。



俺党の公約は同窓会後のサプライズエッチは不倫とみなさないという法律をつくります。



エビデンスのあるアンチエイジングサプリ一覧。
 
NMNは基本でしょう。
 
アンチエイジングだけではなくコロナにかかったときのために常備しておきましょう。こちらは伝統あるアンチエイジングサプリであるコエンザイムQ10も入ってます。
 
NMNにプラスするとしたらこれなど。次世代アンチエイジングサプリであるPQQが、伝統あるアンチエイジングサプリであるコエンザイムQ10と合体した実にコスパが高いサプリ。
 
次世代アンチエイジングサプリ、ウロリチン。まだちょっと高いですが。
 
NMNにプラスならケルセチンが一番安くて抗酸化作用・抗炎症作用・抗腫瘍効果・降圧作用・強い血管弛緩作用もある。
 
これはアンチエイジングではないが、抗炎症作用、鎮痛作用を持ち、関節リウマチや変形性関節症やぎっくり腰や五十肩などの筋肉や関節の痛みを生じる病気の症状緩和と、免疫力を整える効果が報告されている。
 
40過ぎたら目のケアのために飲みましょう。
 
カルシュウムとマグネシュウムは筋肉の収縮と弛緩のために大きな役割を果たしています。こむら返りや運動時に筋肉が攣る人は特にマグネシュウムが足りていません。飲んだら一発で症状が消えます。あと便秘の人には便を柔らかくする効果があります。