2022年4月10日日曜日

本日のニュースオチ


医者君の好物はクリームパンやジャムパンやメロンパンなんだけどな。勤務医時代はこれと牛乳で職場でメールの返事を書きながら朝飯ってよくしていたらしい。その割に痩せ型なんだから遺伝なんだろう。
開業医になってからは朝のカンファランスがない生活がこれほど快適だとはと言ってる。家で朝飯をちゃんと食ってから出勤しているようだ。


そういや恋愛工学の人、ゼロコロナを諦めたかと思っていたら、またゼロコロナに戻りましたね。
中共は理系高学歴が支配する国ですが、理系高学歴って理論整然と曲がったり、柔軟性を欠いて延々と間違ったやり方を続けたり、現実が理論通りにならないと間違っているのは現実の方だと言ってキレたりしますよね。
トライアルアンドエラーができない組織は科学的ではありませんし、いくら理系エリートが率いていても硬直化して官僚主義に陥っています。中共は国家としては立派に老年期ですね。






そういや昔無防備マンちゅうふざけた漫画があったな。
そういや先輩が日本が韓国を無視して相手にしないのは沈黙のヘイトスピーチになるから気をつけなければならないとか謎理論を言っていたが、それと同じキムチ臭い匂いを感じる。


まあ世界の半分を支配してアメリカとタメ張っていたんだものなぁ。中共みたいに体制転換せずに経済成長の波に乗れていたらと思うと悔しだろうな。ロシア人の気持ちはわかるよ。


運動と食事療法による減量に合わせてNMNで合併症の発症を押さえることができます。





ブリカスはすごい嫌がらせだ。ウクライナ海軍が壊滅状態である以上、供与されるハプーンは陸上型のハープーン沿岸防衛システム(HCDS)であると思われる。
ここから発射されるハープーンブロック2の最大射程は125キロだから、今マリウポリなどで地上部隊に対して艦砲で支援砲撃をしている黒海艦隊の艦艇は陸地に近づけなくなってしまうし、オデッサへの着上陸なんて完全に不可能になってしまうだろう。アゾフ海は全域が陸地からの射程距離になるからだ。
ロシア艦艇の個艦防空能力の低さと、ウクライナ軍がNATOの電子偵察情報をリアルタイムで受け取っていてロシア艦艇の概略位置を掴んでいることを考えれば、黒海艦隊は近い将来全艦艇を撃沈されることになるかもしれないね。
まあそうなったら、露助が占拠している黒海艦隊の母港であるセヴァストポリも保持する意味がなくなるよな。

▼タイムセールのお知らせ【4/10夜10時~SALE特価!44%OFF】 スルフォラファン粒 約1か月分×3袋 T-751-3 送料無料 ISA リプサ Lipusa サプリ サプリメント ブロッコリースプラウト


最近流行の陸軍の編成のコンパクト化ってやはりデメリットも大きのでは?
先進国では師団を廃止して旅団やロシア呼称では大隊戦術グループといった小型化するのが流行だ。でも小型化したことで師団直轄砲兵とか打撃力のある支援部隊はなくなるし、医療部隊や炊事補給や事務方といった後方支援部隊も小分けされて十分なものでなくなる。ましてや今回のウクライナ侵攻では作戦の全般指揮と部隊間の調整に当たる統括指揮官が今の今までいなかったという体たらくで、機動性を求めて部隊を小型化したぶん、逆に一部隊あたりの戦闘力・防御力は低下して、各個撃破をされることになったのだと思う。
小型化の目的とされた機動性も、北部戦線では泥濘で道路以外の侵攻が不可能だったり、補給が追いつかなかったりで活かすことができなかったのだろう。
部隊が師団規模なら戦車や機械化歩兵部隊が師団の砲兵の射程や補給部隊の活動範囲外に突出してガス欠になるなってなかったろうし、先行した戦車部隊が敵の待ち伏せに遭遇したら師団砲兵の支援砲撃を差し向けることもできたろう。



今まで作戦を統括する前線司令官がいなかったというのが信じられない。
地上軍の各部隊・空軍・海軍が好き勝手に連携せずに戦っていた。後方からの補給も計画的になされていなかったということ。
近代国家の軍隊とは思えない。
中共は軍閥が生まれる危険性をあえて冒して地域ごとに陸海空軍を統合運用する戦区制を採用している。


医者くんが母校の附属病院に行って知人とカフェでおやつをしていたら、ずいぶん昔に大学病院時代に主治医になった患者で、とうに死んでると思っていた人が奥さんに付き添われて治療にきていて「先生、その節はお世話になりました」と声をかけられた。
一瞬誰だったかなと思って自己紹介されて思い出して、あああのときの・・・
でもちょっと待てよ、この人の状態ならもう生きていないだろと思ったら、なんだか5年超たってたそうです。
とにかくポジティヴな生活の方だそうで、癌になって仕事を暇な部署に変えてもらえたのを機会に入院中知り合った仲間と写真撮影の趣味を始めて、このまえ定年になりまして・・・今度仲間と共同で展覧会をします良かったら来てくださいといわれて、後日大阪の画廊に展覧会を観に行ったそうです。
で、医者君がいうには今までがん患者を診てきてネガティヴ気質で長生きできた人はいませんが、何らかの信仰を持っている人と前向きな性格の人は予想を超えて長生きをする場合があると。
あと、今まで一度だけ自分の患者でいわゆる奇跡的な癌の完治を見たことがあるそうです。彼はいわゆる癌の免疫療法クリニックとかは毛嫌いしていますが、自分の患者が丸山ワクチンを使用したいと言った場合、拒否しません。その時の体験が原因だそうです。あとその人は宗教を信仰していたそうです。


まるで悪逆非道な日帝ニダ。


恐らく今年読むことになる本の中で一番重要な本になると感じている。

NMNの次に注目を集めつつあるアンチエイジング成分「ウロリチン」
 
中国製の原材料のものでは一番安いNMNサプリ。クーポンを適用するのを忘れないように。


日本製の原材料のものでは一番安いNMNサプリ。

NMN美容クリーム。ここの株主優待でもらって嫁と妹が使用開始した。ワイもひげそりの後に使用。


マグネシウムで糖尿病予防・こむらがえりが改善


ネオファーマージャパンの純正日本産5-ALAとNMNの混合サプリ。250mgのNMNサプリと組み合わせて例えばどちらかを朝に、どちらかを夜に使用すればちょうどよい量になると思う。



中華製5-ALAのサプリ。量は1カプセルで充分。まとめ買いは安い。1ヶ月980円。



極めて強力な抗酸化食品でもある漢方薬の陳皮。ヨーグルトに混ぜたり、味噌汁の隠し味に入れるとおいしい。