2022年4月4日月曜日

本日のニュースオチ

ロシア軍、予備兵6万人投入の見込み=ウクライナ軍高官

英「50年までに最大7か所の原発新設」…ロシアによる侵攻受け、自給率向上狙う

4回目接種、全員に必要?  「高齢者の重症予防に」 専門家指摘・コロナワクチン

↓高齢者も殺すワクチン。もうコロナに罹って死んだ方がマシでは?

m06*****

施設に勤めてます。 利用者の接種も全員に一律なのはどうなんでしょうか。 うちの施設では3回目接種後、一人が高熱にてダウンしその次の日亡くなりました。 それ以外にも2名、接種後発熱し血圧が下がる、酸素が上がらないようになり寝たきり。1名は亡くなりもう1名も見取り対応に切り替わりました。 絶対に安全なワクチンは無いと思いますがあまりにも危険すぎるように思います。 接種せずコロナにかかっても命の危険はあるのかもしれませんが少なからずワクチン受ける前までは元気に自身にてご飯も食べてた方がいきなり体調崩しご飯も食べれなくなり寝たきりになるようなワクチンはどうなんでしょうか。

ウクライナへの侵攻を続けるロシアに対し、米国などは参戦の意向を示さず経済制裁に集中している。この戦略が、ロシアと中国、インドを接近させると危惧するのは国際投資アナリストの大原浩氏だ。大原氏は緊急寄稿で、西側諸国と中印露が対立する「第二次冷戦」に備えて日本も自国防衛の強化が必要だと指摘、「ウクライナ危機は明日の日本の危機」と警鐘を鳴らす。 

インドが向こうに行ったら詰むな。ロシア1.46億、中共14.4億、インドの人口は13.8億で合計29.7億人ぐらい。世界総人口の38%を占める。すべて核保有国。西側が束になってかかってもマンパワーの前に勝てない。

だから日本は屈辱的な敗戦記念日を終戦記念日と言い換えてるんだよ。そこに敗戦に至ったことにたいする反省も次は戦争するからには勝たないといけないというなにもない。天皇陛下のお陰で助かったというわけだ。その同じ天皇が宣戦を布告し、開戦の詔書を御名御璽で布告したことに対する責任はないようだ。

ウクライナの最大の軍事的な課題 専門家が指摘「東部においてロシア軍の支配地域が徐々に拡大している」

恐らく非公式の協議で東南部アゾフ海沿岸部の事実上の引き渡しでそれ以外のエリアからは撤退ということで話がついたんだと思うね。まあこんなことはゼレンスキー大統領も公には言えないのだろうけど。
これならウクライナもプーチンも勝利宣言できるし、ウクライナ政府としてもマリウポリに立てこもっている扱いに困っている極右のアゾフ連隊の主力をロシアに始末させることができる。
キエフを目指していたロシア軍があっという間に白ロシアに出ていったのは恐らくそれが理由。
戦後はウクライナには極右戦闘集団ではなく売国機関が必要になる。アゾフの人たちはこのまま停戦を迎えても、いずれ粛清されたナチスの突撃隊かケルベロス・サーガの首都警特機隊の運命だ。それなら英雄としてマリウポリで護国の英霊になったほうがいい。

ポーランド国境地点に旧ソ連製とみられる戦車 T-72M1か

NATOの旧ワルシャワ条約機構加盟国の戦車供与の話、もう実行されているんだな。

小坪慎也市議「維新はまるごと親露政党である可能性がある」

だからそうだって。理由は何度か書いたけど。

ニートを生む家庭の特徴は「過干渉な母親と無関心な父親」←これマジなのか? 






まったくどこの日帝ニダアルか?


鹵獲でロシアの兵器の性能が米帝に丸裸になるな。






76歳で老衰って。








プーさんが余命を自覚しているなら、彼が理想とする国家にロシアを正すためになんでもやる。相互確証破壊は自分が撃つと相手も撃つので自分が殺されるという恐怖の均衡で成り立っている。どうせ近い将来に死ぬのなら核兵器の使用もハードルが下がるはずだ。

恐らく今年読むことになる本の中で一番重要な本になると感じている。

NMNの次に注目を集めつつあるアンチエイジング成分「ウロリチン」
中国製の原材料のものでは一番安いNMNサプリ。クーポンを適用するのを忘れないように。


日本製の原材料のものでは一番安いNMNサプリ。

NMN美容クリーム。ここの株主優待でもらって嫁と妹が使用開始した。ワイもひげそりの後に使用。


マグネシウムで糖尿病予防・こむらがえりが改善


ネオファーマージャパンの純正日本産5-ALAとNMNの混合サプリ。250mgのNMNサプリと組み合わせて例えばどちらかを朝に、どちらかを夜に使用すればちょうどよい量になると思う。



中華製5-ALAのサプリ。量は1カプセルで充分。まとめ買いは安い。1ヶ月980円。



極めて強力な抗酸化食品でもある漢方薬の陳皮。ヨーグルトに混ぜたり、味噌汁の隠し味に入れるとおいしい。