2016年7月2日土曜日

本日のネタ・メディアオチ

夏祭り うちあげ花火 浴衣 金魚すくい スイカ(`;ω;´)ぬおおおおん
おばあちゃんから小遣いもらって浴衣を着た妹と弟の手を引いて、同級生と一緒に杭全神社の夏祭りいきました。7月の中頃ですね。だんじりが平野区内を練り歩くんですよ。25号線から神社にかけての間に露天がたくさん出ましてね。
その頃に弟が亀釣りでもらって帰ったミシシッピアカミミガメですが、かなり巨大になって今でも自宅の池にいます。老齢のためにもう余り動きませんが、春になると冬眠から覚めて庭石の下から出てきて、甲羅干ししています。
子供の頃の夏の思い出は本当に何もかも懐かしい。
今度医者を誘って久しぶりに一緒に夏祭りに行ってみようかしら。妹も行くといえば彼は絶対に来るだろうな(笑)。お前の中学からの片思いの相手は今は・・・
あと高校のときに付き合っていたボーイッシュとPLの花火大会に行ったら浴衣姿が結構かわいくてエロくて参ったんだけど、見物人が多くて帰りの近鉄電車になかなか乗れず、あべの橋駅についたら関西線と環状線が終電になっていて、いっしゅんどこかに泊まっていこうかと思って勇気を出して持ちかけたら彼女もOKだったんだけど、よく考えたらPLの花火帰りのカップルで天王寺駅の周りのラブホってみんな満室で、結局お互いの親に車で迎えにきてもらって帰ったとか。あのときやれていたら童貞と処女同士の清らかなセックスができたのになぁと。でもやっちゃっていたらいたで、その後勉強が手につかなくなって大学落ちていたかも。サーフィンもしなかったでしょうし、京都人の彼女ができることもなかったでしょうし、いろいろ人生変わっていたのは間違いないでしょう。

哲学が人類を「幸福にしない」これだけの理由~大学から哲学科が消えるのは由々しき事態か?

大学時代の元カノの専門をくさすわけじゃないけど、所詮哲学なんて観念をこねくり回しているだけ。
哲学も含まれる観念の不在こそが、幸福。なぜって観念いうのは定義するものだから。
定義するというのは自分の意識に境界線をひいて壁を作っているだけ。
エヴァのTV版で自由意志を司る第17使徒タブリスこと渚カヲルもこう言っているだろ。「そう、君達リリンはそう呼んでるね。 何人にも侵されざる聖なる領域、心の光。リリンも分かっているのだろう? ATフィールドは誰もが持っている心の壁だという事を」
その心の壁を開放しない限り、自由意志はあり得ない。

NHKが報じた『ネトウヨパスタ』が激ウマ!格差社会への不満が消える味

【画像あり】早朝のフジテレビで岡副麻希アナの股間にマンスジ

わしの若いころはこんなもんは学校で見放題やったわ。
【大阪】在日コリアン、ヘイト条例成立でもネット上の差別的な投稿が放置で怒り「怒りの気持ちで市役所を訪れた」

中日新聞「与野党激突 安倍 vs SEALDs奥田」

はぁ?

【脱税新聞】中日新聞社が2300万円所得隠し 名古屋国税局が指摘

税務調査でかなり細かい領収書まで見たんですね。たかだか2300万円の所得隠しなんて、この程度の規模の会社だったら誤差のうちでしょ。
国策調査ニカ?

【ヘイトスピーチの定義】保守系議員vs左派メディア。神奈川新聞より取材「攻」勢、明日の朝刊に掲載予定(事前資料の公開)

【パヨク】 「アベシンゾーにブロックされたー、独裁政党だー!」 → 嘘と判明


蚊なんかの虫が多くなるこれからの時期、たいへんおもしろいおもちゃです。
粗塩をショットガンみたいに散弾にして空気圧で飛ばして害虫をバラバラにして殺すことができます。
人間あたっても怪我とかの心配はないです。どんどんぶっ放しましょう。ただしゴキブリクラスは数発打ち込む必要があります。

3 件のコメント:

  1. 取材費に入ってきたか。こりゃ潮目が変わったね。
    取材費、制作費は長い間、聖域だったのにな。
    しかし、15人で10日貼り付いたとして、日当5万/日で計算すると、1000万は行かないから、一応プラスの計算だね。
    しかし、取材費制作費問題は新聞社とTV局には衝撃だろうな。

    返信削除
  2. 高校2年と3年のとき同級生だった小柄なかわいい子と、何もできないまま、てか小さな田舎町の県立高校で、地元で知らない人のほうが少ない父親の家生まれの私は、とにかく大学で東京に行くから、彼女とは縁がなかった、と信じて結果私立W大学でリア充でしたが、家業を継ぐのに帰ってきたら、廃校になる母校の小学校にその子がいました。それなりのおばさん(失礼)ですが、50になってもあんまり変わらず、再開の瞬間は時間が18歳の時に戻った気がしましたよ。
    あの頃は悩みもなくて、まさか、帰ることになるとも思ってませんでしたが。
    その後私の兄弟が(長女)が東京で離婚後に親父の会社に入って、間男と乗っ取り画策して、大騒ぎでサラリーマンしてた私に呼び戻しが掛かって、追い出し役をやらさせれて、そのご一家バラバラ。
    それでもみんなの心の接着剤だったおふくろが大動脈解離で2年前に急死。その後は我満クソ爺がエスカレートやら、皆振り回されて大騒ぎ。
    今になって思えば、あの日あのとき、あの町で暮らしていて、30年後にこんなになったなんて想像もつかない話です。
    どうなるか判らなかったけれど、それでももう少し幸せと思える今があっても良かったのかなと思い、今を生きているかんじ。
    来年取り壊しの小学校が、6歳の時のまま、45年間ほぼ変わらず残っていて、足を踏み入れた時はタイムスリップしたみたいでした。中学も高校も校舎が無くなったので、ここが最後の思い出の場所。そこで再開した淡い高校時代の河合奈保子似の小柄な彼女との再開は衝撃でした、というお話。

    返信削除
    返信
    1. 去年京都に行ったとき思いつきで遠回りして大学時代の元カノの家の前を通ったのですが、すっかりおばさんになった元カノが洗濯物を干していて庭には中学生か高校生ぐらいの制服と体操服が干してあって、ああ彼女もすっかりお母さんになって婿養子三さんももらえて幸せそうにしているなぁと思って嬉しかったです。もちろん声はかけませんでしたが。
      ちなみに元カノはわしの実家に何回もきているので妹とはお互いに面識があります。

      削除

フリーメイソン・イルミナティ・ユダヤの陰謀論等お断り。

本日のニュースオチ