2016年6月20日月曜日

本日のリーベンオチ

創価学会、国内低迷・海外躍進で「世界宗教化」に野心

橋下徹「はっきり言います、僕は都知事選挙には出ません!」

蓮舫も出ないって言ってるけど、都知事選は後出しジャンケンしたやつが勝つからねぇ。

宗教団体に「どの党を支持します?」 ストレートな質問に返ってきた答えとは【参院選2016】

田原総一朗さん「医療が発達すればするほど、人はどんどん死ななくなる。健康保険制度の破たんは必至だ。たとえば、80歳以上の再生医療には保険を適用しない、などといったルール作りが必要になるかもしれない。」

舛添さんの37万円に激怒している日本人は、次の事例についてどう思うのですか?周囲の人が嫌が友人たちがどれだけ止めてもタバコをバコバコ吸い続けた老人がいて、周囲に副流煙を吐き続け、吸殻も投げ捨て、そんな老人がいて、そんな老人が肺ガンになりましたよ、と。年間3600万円する抗がん剤の存在を知り、その老人は迷うことなく抗がん剤治療を開始。だって、自分の負担はほとんどないのだから。その結果、余命1年と言われていた老人は3か月ほど延命し(この薬は生存期間が3か月ほど伸びることで知られている)、1年3か月後に死んだ、と。享年88歳でした、と。舛添さんの話、特に問題とされているのはいわゆる「正月休みに家族で行った旅行」を政務活動費から出していた点ですよね。その金額は2年間の合計で37万円です。で、です。国民が大騒ぎですよ。「税金を私物化してるんじゃない!」「我々が預けたお金をひどい使い方をするんじゃない!」ってね。結局、名目GDPが1兆5000億円ある都市のトップが辞任に追い込まれるわけですけれど…でもね、考えてほしいんです。日本の社会保障費給付費って、現在117兆円かかってるんですけど…これ、おかしいじゃんって。これ、正常じゃないじゃんって。

民進党の参院選「当落調査」を入手! 意外な結果に安倍総理も戦慄、これが全選挙区の勝敗だ

自民党の支持者の大部分は動機はお金だけだから、自民党の選挙の獲得議席は完全に景気の先行指標である株価に比例している。
過去に自民党が政権を失ったのは、

平成バブル崩壊(1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの景気後退期)→1993年の第40回衆院選で細川連立政権誕生。

リーマンシヨック(2008年9月15日)→2009年の第45回衆院選で鳩山連立政権誕生。

だから株価がこういう状況にあるということは、自民党にとってなんか背中がぞくぞくする状況のはずだ。
このままでは参院選は民共の選挙協力もあるからかなり厳しい数字が出ると予想している。

依存症の独り言先生「谷亮子の父親はチンピラって知ってた?谷亮子は、帝京大をカネで裏切り、トヨタをカネで見捨てた。そして、カネと名声のために参院選に立候補。もう、サイテーの親子である。さっさとドブに落ちろ!!!」

(1) 公共インフラや公共サービスの分野に新規参入し、利益を出したい企業家、投資家(2)ブキャナンの財政責任原則が典型ですが、「政府は小さくあるべき。財政は均衡すべき」と教条的に思い込む経済学者えを中心とする勢力(3)とにかく、政府がやることは気に入らない、いっしゅの国家否定主義者(日本で言えば、進歩的左翼主義)戦後の日本では、上記三つの勢力が「手を組む」ことで、財政を緊縮に導き、公共投資を削減。インフラ老朽化の放置が「促進」されてきました。日本における(1)の代表が、オリックスの宮内氏や、パソナの竹中氏など。(2)が、アメリカでシカゴ学派的経済学を叩きこまれた財務省などの官僚。(3)が武村正義氏など、左翼から政界の中心に移行した勢力。分かりやすく書くと「コンクリートから人へ」派。

韓国人が自分の本名を名乗ることを強要されることは著しく不快感。創氏改名は基本的人権!最高裁で確定

財政危機という言葉に惑わされてはいけない!脱デフレ強化が可能にする社会保障の整備



1 件のコメント:

  1. >背中がぞくぞくする状況
    じゃさっさと緩和ブチかまして日経平均を上げるか連合の分解とその発表を加速させ全国へ拡散すればいいだけの事です。
    ・・それが出来ないから団長案件の青山センセイまで引っ張って票を嵩増しにしようというのでしょうけど。

    返信削除

フリーメイソン・イルミナティ・ユダヤの陰謀論等お断り。

本日のニュースオチ