2016年6月6日月曜日

本日の国際情勢オチ

ダライ・ラマの「難民は最終的に祖国へ」発言が物議…人道主義と生活不安で揺れる欧州

2015年、EUは45万人の難民を受け入れ、2016年には87万6000人を難民として認定した。認められた各人のもとに4-8人の家族が訪れる。これが欧州の未来だ

EUの人口は7.5億人ぐらいだから、800万人ぐらいの難民とその家族なんてなんてことないと思ったら大間違い。
1%超だ。その大部分が都市部でイスラム教徒ばかりが住むスラムを作るだろう。
日本が総人口の0.5%ぐらいしかいない在日にどれだけ影響を受けているか、考えてみるといい。
出生率は複利計算だから、実際の影響は日本とは比べ物にならないぐらい深刻である。
日本の場合、在日の出生率も純粋な日本人の出生率もたいして変わらないからだ。
しかしEUは違う。イスラム教徒は多産である一方で、避妊を禁止しているカトリックがメインの国でさえ現地種の少子化は止まらない。
つまりEUはあと三代ぐらいでスペインのレコンキスタやカール5世がオスマントルコを撃退したことなどどうでもよくなるだろうな。EUの国教は実質的にイスラム教になる。
銀英伝でもいうじゃないか。どんな鉄壁な要塞でも内部からの攻撃には弱いものだ。

米国の中国人留学生、不正横行で大量退学処分!替え玉テスト受験や論文代筆は当たり前

タックスヘイブンの中心となっているイギリスこそが世界最悪の腐敗国家

インドのカルト集団「独自の政府と軍を運営」、警察発表


最近読んだ本の中では一番面白かった。朝鮮の台所にトイレがある写真や韓国軍の新兵が排泄物で洗顔する写真を見たことがあるだろうけど、その理由もわかる。
彼らは120年前から何も変わっていない。
【抜粋】
“私は、なんと、小便で顔を洗うところを目撃したことがある。その人が言うには、「肌艶がよくなる」と。さらに、室内に真鍮製の溺壺(しょうべんつぼ)を置き、客を迎える席でも、これを目につかない場所に移すようなことはしない。そればかりか、尿意を催すと、すぐにこれをとって用を足し、また傍らに置く"(「便所」より)

なんとか庭の芝や植木の水やりを省力化できないものかと考えていろいろ探していて見つけた商品なんですが、広範囲に水を均等にまくことができて実に便利。
5分ほどまいたら場所を移動させてといった感じで使っています。つきっきりでやると蚊にさされるしね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フリーメイソン・イルミナティ・ユダヤの陰謀論等お断り。

本日のニュースオチ