2016年5月11日水曜日

本日のネタ・メディアオチ

【悲報】大阪“飛田新地”の料亭、Googleストリートビューに撮影される(画像あり)

新入社員の歓迎会の二次会に連れて行かれました。
で、その時引率した先輩社員が後で淋病になるおまけつきでした。かわいそうに、先輩、社内でこのあとずっと何年間も飲み会があるとネタにされてました。先輩が結婚したのは同じ会社の女性社員ですから、奥方はそのことはご存知のはずです。

サヨク界隈「2chはここ1年で様変わりして反安倍や反ネトウヨが多数派になった」

13歳少年「せや、家出したろ!」←その後43年間山で暮らす
のび太かよ。

高学歴で低年収、33歳女性の明るすぎる貧困~彼女を救ったのは宗教とセックスだった

はぁ?全然救われてないやん。

天皇陛下の前立腺の中の人が監視カメラに撮影される

「私がぼーっとしてると、素敵なことがたくさん起こる。これは、事実です。「わたし」が関わるから、いつでも問題は複雑化します。なぜなら、自我である「わたし」は生まれた(分離した)瞬間から、『解決する事』が至上命題だからです。」

卓見ですね。

李テラ「富裕層の立場を擁護し、格差助長政策、金持ち優遇政策の旗振り役をつとめていきた読売新聞が「パナマ文書」日本企業をすべて匿名、モザイクに! 大企業に媚びる御用体質にネットでも非難殺到!」

『さよならパヨク』を読んで。脱原発運動終焉の足音が聞こえる

【アイヌ先住民族国会決議】香山リカ「ネットを中心に異次元のアイヌヘイト嵐が吹き荒れている」しばき隊「アイヌヘイト第2ステージに入ったでしょコレ」

ザイヌ問題(www


一休骸骨 [ 一休 ]
価格:4320円(税込、送料無料)


一休宗純和尚(一休さん)が書いたある種の絵本なんですが、実に素晴らしい内容です。
現代日本語訳の解説もすばらしいです。
この人が覚醒者だったことがよくわかります。ラマナやニサルガッタが好きな人に読んでもらいたいです。
アマゾンでは全て売り切れになっていて入荷予定無しのようです。

参考:出版社解説ページ


夏場は古い内部にほこりとかが入り込んでいるノートパソコンで動画などを見ていますと、内部温度が上がってCPU使用率が急上昇したりしてフリーズしたりする事例が出てきます。
USB電源の温度計付きの外付け冷却ファンの上に置いておきますと、暑くなると勝手にファンが回ってくれて、トラブルを避けることができます。
温度計は4箇所にあるのですが、ちょうどグラフィックチップの下辺りの温度が動画やDVDを見ると急上昇します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フリーメイソン・イルミナティ・ユダヤの陰謀論等お断り。

本日のニュースオチ