2016年5月5日木曜日

本日のネタ・メディアオチ

世界的ブロガー・エコノミスト池田信夫さん「世の中には「女性の人権を守る」と称して、でたらめな話を世界にまき散らすのを仕事にしている人がいます。去年、このブッキーニという「国連特別報告者」が「女子学生の30%が援助交際をしている」と記者会見で発表して大騒ぎになった問題の仕掛け人が、伊藤和子という弁護士です。昔の福島瑞穂ほどスケールは大きくないが、やっていることは同じです。こういう人々は1960年代の学園紛争で逮捕されたり退学になったりして、まともな人生を歩めなくなった人々です。当時は大学中退で受けられるのは司法試験ぐらいだったので、こうしたドロップアウトの人が大量に司法試験を受け、弁護士になりました。彼らが今でも各地の弁護士会のボスになり、総本山の日弁連を支配しています。こういう団塊の世代の落ちこぼれには「大学をちゃんと卒業していれば役所や大企業に入れたのに…」というルサンチマン(うらみ)があるので、国や企業を悪者にするのが大好きです。」と伊藤弁護士の人権を味噌カスのチョンにネタバレ

いとこの結婚式に行って写真撮ってたらやたらオーブが写ってた。

オーブはデジタルカメラが普及する前の写真には映ることがありませんでした。
身も蓋もない話ですが、正体は「ホコリ」です。
昔のスチルカメラの時代にはシャッターが機械式だったのですが、デジタルカメラの時代になって電子回路が感光素子に流れる電気をコントロールすることでスチルカメラのシャッターと同様の効果を擬制的に実現しています。
ここにホコリに乱反射した光が相互作用するとオーブがうつります。
オーブはホコリが立ちにくい湿度の高い場所なんかではほとんど発生しません。
試しにある程度の光がたっているところで、ストロボをたいてでもいいですが、布団を叩いてホコリを出して広角レンズで写真をとってみてください。オーブだらけになりますから。

[メディア]一人絶対護憲を前面にせり出す朝日社説〜憲法記念日各紙社説読み比べ

いつ見てもヤバイコピペwwwwwww

保育園落ちたの私だデモ主催者「安倍さんは頭おかしい」「安倍さんの人気があるのはターゲットをアホに絞ってるから」

朝日新聞の捏造報道の一例

俺の親が創価に騙された話する

入院していたとき、病室に創価の本が置かれていたけど、案の定オカンの創価のダチが持て来ていたようです。
まぁうちの場合、そんなのに騙されるオカンじゃないですけどね。


最近出先で妹のMacBookを使わせてもらうことが多いので虎の巻を買ったのですが、わしみたいなMac初心者にはこの本がたいへんわかりやすかったです。
広告会社に勤めていた頃はアップルの白黒のディスプレーのパソコンがあって制作部門なんかではそれを共有して使っていたものですが、僕はパソコンが入ってきた頃には管理部門にいてNECのオフコンを使っていたのでアップルのパソコンはほとんど使ったことがなかったんですよね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フリーメイソン・イルミナティ・ユダヤの陰謀論等お断り。

本日のニュースオチ