2016年4月28日木曜日

本日のサイエンス・テクノロジーオチ

ドイツの原子力発電所のコンピューターからウイルスが発見される

北京の龍泉寺にロボット僧侶が登場。ロボット僧侶、仏教を説く

AI創作物の知財問題

グーグルなど5社、自動運転車の実用化に向け連携~フォード、ボルボ、配車サービス2社と企業連合設立

マインクラフトの世界の中に入り込める「Minecraft: Gear VR Edition」ついにリリース

Microsoftが1グラムのDNAに10億テラバイト=1ゼタバイトものデータを保存する「DNAメモリ」技術に出資

日本の神主らが700年前から集めていた「氷」のデータから地球温暖化と産業革命の強い関連を示す事象が明らかに

話題の東京五輪「組市松紋」エンブレム、実は幾何学的に超凄かったことが判明

AIやロボなどの技術革新によって、何も対応しなければ2030年度には国内雇用が735万人減るとの試算を発表 経産省

「地震は予知できない」という事実を直視せよ!国の地震予測地図はまったくアテにならない

日本の潜水艦技術が豪州に渡らないでよかった。近年、日豪関係は極めて良好である。豪州は日本にとって米国に次ぐ安全保障上の「準同盟国」と考える向きもある。しかし、現在の豪州はかつての白人国ではなく、多民族国家からなる複雑な利害関係を調整しながら運営せざるを得ない国である。欧州諸国からのみならず、アジア諸国からも、中国人を含め多くの移民がいる。加えて、豪州は石炭、鉄鉱石、ウラン、石油・天然ガスの世界的輸出国であり、特に中国は大事な顧客である。現在の世界的不況は中国経済の不調に根差しているが、その影響を最も強く受けているのは豪州やブラジルなどの資源国である。もちろん、中国の南シナ海での無法ぶりや南太平洋への覇権拡大について、豪州は懸念している。しかし、豪州なりの「国益」を考えれば、中国への融和策も必要なのであろう。 我が国としてはそのような豪州の事情を理解し、豪州を盲目的に準同盟国などと考えるべきではないのだ。今回の豪州の決定を見れば、そう考えるのは時期尚早である。


0 件のコメント:

コメントを投稿

フリーメイソン・イルミナティ・ユダヤの陰謀論等お断り。

本日のニュースオチ