2016年2月27日土曜日

本日のサイエンス・テクノロジーオチ

5年以内にクリエイティブな仕事すら人工知能に奪われる可能性…人間は制御できるのか

40億年の家系図が自分の上に広がっているという事実!33億年前の先祖の魚が出会う相手間違えたり、50代前の交尾で別の精子が合体していれば今のワイは存在しなかったという事実!

不倫嫁のお陰でわしの遺伝子は断裂や!
更年期の妹も生理がこなくなって4ヶ月目やと言うとる。
わしら兄妹とも遺伝子断裂やで、まったく。
子孫を残されへんとなったら受験勉強も何もかも無駄になったわ。

米空軍、次世代爆撃機の完成予想図を初公開

今更大枚はたいて大型のステルス爆撃機を開発する意味なんてあるのかなと思ってしまう。
誘導爆弾や巡航ミサイルをしこたま積んで長時間敵地上空に遊弋したりするなら別にこんな開発コストがかかるステルス機じゃなくても民間機の旅客機や軍用輸送機を改造したらいいんじゃないの?B52やB1はステルスじゃなくても問題無いじゃん。
どのみち爆撃機なんて航空優勢のとれた制空権を握っている状況下でしか使用しないだろ。
どのみち開発しても一機あたりの代金が高額になりすぎて数を揃えられないよ。ビグ・ザムは決して量産化できないのだよ。戦いは数だよ兄貴。


米帝が量子コンピューターを利用して量子力学の多世界解釈に基づく未来予測装置を作ろうとするのですが、それが実は世界を書き換える兵器に応用できるのでは・・・というSF
同様のテーマには新海誠の雲のむこう、約束の場所がありますが。
なかなか面白かった。
量子コンピューターは「重ね合わせ」つまり観測するまで状況は確定しないという理屈を利用して並列計算を可能にしている。これによって通常のコンピューターが全くできない素因数分解を一瞬で解くことができる。
シュレテンガーの猫の「箱のなかの猫は蓋を開けてみるまで死んだ猫と生きた猫が重なりあって存在する」という喩え話と同じで、ミクロの世界の人間理性に反するふるまいをマクロの世界まで拡大して利用・再現するというある種の試みである。
ラムレザージャケットがこの値段ならかなりお買い得だと思います。中に厚手のセーターを着るならワンサイズ上を選んだら良いでしょう。

1 件のコメント:

  1. しかし米帝様は全翼機にこだわるなぁ。
    コンピュータでオスプレイみたいな微妙な操縦が出来るようになったからよいものの、人間がやったらクルンッですぜ。
    ステルスも見難いというだけで、戦闘機の正面同士の正面ステルスとかミサイルに追いかけられて後方ステルスとかだと効果が大きいだろうが、複数の早期警戒機や地上設備からのレーダーも統合すると見えるようになるんじゃないのかな。まだ米帝様以外はデータリンクしてないから良いのかな。

    返信削除

フリーメイソン・イルミナティ・ユダヤの陰謀論等お断り。

本日のニュースオチ