2016年2月24日水曜日

本日のネタ・メディアオチ

五寸釘ほなみ「私もサヨクだが口だけ達者な駄目なサヨクとは一緒にされたくない」

「夢を夢だと自覚して夢の中を自由に動きまわれるサプリ」を飲んでみた結果 →

体は健康で異性にモテモテでメディアにももてはやされる億万長者の実業家というマトリックスなら、あえて目覚めるなどという面倒なことをしなくてもいいのでは(笑)。

金田さん「キムチチャーハンを食べた後に彼氏にキスを断られた…」→朝鮮忍者ファンで韓国好きの女性・金本さん「これは韓国に対するヘイト」

【しばき隊】国籍、血筋、精神風土すべてにおいて我々が標準的エリート集団であり、それら条件に満たない者は国の価値を貶めるゴミ。日本の癌

東大卒の朝日新聞社員が言ったらまぁ仕方ないなと思えるけど、しばき隊が言ってもハハハだな。

李テラ:英大手紙「ガーディアン」「エコノミスト」が“安倍の圧力でTV司会者降板”と報道!「日本の国際的評価を打ち砕いた」

創価学会系出版社第三文明が『「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか』という本の書評を掲載し、「今ある政権を倒したら、その倒した者が次の権力になるだけだ。世の中に〝善い権力〟と〝悪い権力〟があるわけではない。そもそも現代社会で権力とは与党や官僚機構の中だけにあるような単純なものではない。権力とは、倒せと叫ぶのでも追従するのでもなく、むしろ世の幸せのために酷使するもの――。この著者の視点は、今の日本の政治を考えるうえで肝ではないのか。ともあれ、保守であれリベラルであれ、反安倍であれ親安倍であれ、頭の体操をするつもりで一読を勧めたい本なのである。」と創価学会が成熟した宗教としてのリアリストとして成長した一面をのぞかせる

クソ民主よりも最近の創価のエリートの方が100倍マシだと思うわ。

世界的ブロガー池田信夫さん「AP通信の影山優理記者は「正義」なのか」


欧米のフリーメイソンについて書かれた本はなんぼでもありますが、世界の華僑ネットワークに広がるコンパスと三角定規をシンボルにする秘密結社について書かれた本は、日本ではこれが初めてではないでしょうか。
たいへん面白い内容ですので、お読みください。日本にも洪門日本總會というのがあり、ウエッブサイトもあります。

1 件のコメント:

  1. APにもこんなのが居るのか。NYTにも田淵某とか居たよな。
    パラノイアというかサイコパスというかアスペルガーというか。
    発信元は全て日本の日本人なんだよな。

    返信削除

フリーメイソン・イルミナティ・ユダヤの陰謀論等お断り。

本日のニュースオチ