2015年1月10日土曜日

本日の国際情勢オチ

ゲイツ氏や経済界大物「暗殺リスト」存在か 欧米、中国にテロ拡散の恐れ 仏紙襲撃犯射殺


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日のネタオチ

「アノニマス」がイスラム過激派に宣戦 仏紙襲撃に報復


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日の相場・経済オチ

株式投資専業12年目だけど質問ある?

プロスペクト教教祖様「マクドナルドを叩くのは個人の自由ですが、私はマクドナルドを叩く気にはなれない!日本マクドナルドホールディングスは積極的に買いたい株の1つです。日本マクドナルドホールディングスは長年保有すればするほど利益が出る株だと個人的には思っているため、長い目で見たら日本マクドナルドホールディングスを保有するのは良策だと感じています。」

プロスペクト教教祖様「プロスペクト株主はなぜ優しいのか」

プロスペクト教教祖様「プロスペクト(3528)ほどストレスが溜まる株はない」


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。

本日の健康オチ

40代独身て地獄だろうによく耐えられるよな。飯屋入って「御一人様ですか?」言われるたびに死にたくなるだろwwwwwwwwww

「兄とメシに行きます」という奴を知っているが。


最近読了して感銘を受けた元オレゴン大学原子核理論物理学科教授のアミット・ゴスワミ博士の著書。

シャンカラの名著翻訳される。

以下、「意識は語る―ラメッシ・バルセカールとの対話」  p319-320より抜粋
キリストが「明日のことを心配すべきでない」というとき、彼は私たちが完全に無責任になるように提案しているわけではないのです。明日について心配がないことと、「額に汗して、生活費を稼ぐ」が合体されるべきです。この二つを合体すると、見事に自然な人生のためのマントラをあなたはもちます。明日への不安が緊張をもたらします。私たちは自分の日常生活が緊張で一杯なことに気づきます。「私はひどい人生を送ってきたが、ありがたいことに、そのほとんどが起こらなかった」という皮肉は、なんと真実なことでしょうか?
バガヴァード・ギーター全体の主旨は、クリシュナがアルジュナに言ったように、「あなたはこの夢の演劇の中で、ある役割を与えられた。あなたはその役割を結果への不安をもたずに演じなければならない。あなたにできることは、自分の役割を能力の限りを尽くしてやることだけで、結果はあなたの手中にはない」ということです。
もしこのシンプルなメッセージが自分の心に届けば、それ以上何もすることはないのです。この理解とは、変化が人生の基本で、正反対のものは相互関連する両極であって、私たちがそれをめぐって選択しなければならない調和しがたいものではないというものです。そのときに、考える心は機能する心を侵害したり、抑圧したりしないので、機能する心は自由に今やっていることに集中できます。
もしこの理解が起これば、それは例外なく、あなたの仕事はより効率的に、より短い時間で為され、ほとんど緊張もなく一日を終えるのが決まりとなります。